《全国24カ所》夏はやっぱり登山ケーブルカーは超絶「イイね‼️」【女子鉄ひとりたび】9番線 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

《全国24カ所》夏はやっぱり登山ケーブルカーは超絶「イイね‼️」【女子鉄ひとりたび】9番線

鉄道には夢がある。いや夢しかない。この赤い糸が、あなたにつながりますように。~裕子~


 元祖鉄道アイドル、今は「鉄旅タレント」として鉄道をアツく語る、木村裕子が日本各地の魅力的な路線を紹介する“女子鉄ひとりたび”『女子鉄ひとりたび』著・木村裕子より)。鉄道ファンの間ではちょっと「異端児」扱いであるケーブルカーを、あえて溺愛するという理由を語っていただいた。


■私のケーブルカー愛は理解されにくい

1930年開業、創業90年の高野山ケーブル。和歌山県伊都郡高野町にある南海高野線の終点極楽橋駅から霊峰高野山の玄関口である高野山駅まで。路線距離は0.8キロ。最急勾配568.2 ‰

 旅行シーズンになると、テレビや雑誌でも鉄道の旅特集が増えて、私のお仕事の取材でも「この季節、木村さんのおすすめ路線は?」との質問が多くなるが、私にとってこの問いは難題である。
 これは置き換えると、「ジャニーズのアイドルグループ・嵐の中で一番イケメンなのは?」に対して「全員」と答えるのが正解と同じで、数ある日本の鉄道路線すべてに個性があり、甲乙を付けることができない。
 そのため取材依頼が複数になった場合、一方では、
「木村裕子おすすめ、夏の絶景路線ナンバーワンは土佐くろしお鉄道!」
と答えているのに、他媒体では、
「絶対に外せない夏の絶景路線はJR 予讃(よさん)線!」
と言ってしまうことはご容赦いただきたい。でも、この種の質問に、納得いかないときもある。

 季節を問わず、私が特に好きなのは、全国に24カ所ある各地のケーブルカー路線だ。そのため、ついケーブルカーを贔屓(ひいき)してしまう自分がいる。
 数十トンを超えるだろう車体と乗客を、たった1本のロープで支えるという不思議さ、車体は斜めで座席は階段状に設置された車内の意外性、各社が趣向を凝らしてデザインした外装の個性の豊かさ、苦労しなくても登山ができる実用性の高さなど、私的にツボにはまる要素が多い。
 なにより、目まぐるしく変化する車窓は、さながら動く展望台
 少女マンガの主人公がする、頭脳明晰で落ち度が全くない完璧男子のように、全てにおいてパーフェクトだと感じている。

 にもかかわらず、私のケーブルカー愛はなかなか理解されない
 冒頭に記した「好きな路線は?」との質問に対して、ケーブルカーを入れると、何故だかいい顔をされない。せっかくお薦め路線ランキングにリストアップしても、オミットされてしまったことが多々あった。どうも、一般社会では「遊戯施設の延長」のように捉えられてしまうようだ。
 けれども、彼らも他の鉄道と同様にレールの上を走り、法律でも鉄道の仲間に分類される。つまり〝れっきとした〞鉄道なのだ。
 全線完乗を目指すとき、ケーブルカーの扱いや解釈は人によってまちまちだけど、私は迷わず対象とした。

(10番線へ続く)


 

KEYWORDS:

◼︎木村裕子先生「愛の喝入れ!」イベントより

■水間鉄道に「女子鉄ひとりたび」ヘッドマーク電車走った!

掲出日程:2020年1月11日~1月20日(10日間)
掲出車両:1003(青ライン/貝塚駅側)
走行日:1月15、16、18、19、20日

■「女子鉄ひとりたび」出版記念イベント・レポート【その⑥】

木村さんのビンタを射止めた幸運なファンの方、正月早々ツイてました!
裕子LOVEを大勢の面前で注入されて、今年はきっと良いことがありますね。
ちなみに今まで同じ場所でビンタをくりだしたのは、まだ2人目ということ。なんと1人目はアントニオ猪木さんでした(笑)。
木村さんの人気もアントニオ級になりましたね!

開催:大阪 2020年1月13日 旭屋書店なんばCITY店 特設イベントスペース

オススメ記事

木村 裕子

きむら ゆうこ

タレント

元・鉄道アイドル。現・鉄旅タレント。

愛知県名古屋市出身。所属事務所はオフィス北野→マセキ芸能社。 幼少期から鉄道が好きで、元JR車内販売員を経て、元祖鉄道アイドルとしてデビュー。2015年に日本の鉄道全線完乗を達成。国内旅行業務取扱管理者の資格を持ち、カルチャースクールで講師も務める。

現在は「アメトーク(テレビ朝日)」出演など、テレビやラジオなど幅広いメディアで活躍中。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

女子鉄ひとりたび: “裕子流鉄道旅”に同行すると、日本が愛おしくなる
女子鉄ひとりたび: “裕子流鉄道旅”に同行すると、日本が愛おしくなる
  • 裕子, 木村
  • 2019.12.25