【ニキビ治療|マスクが肌に与える影響 ─コロナ渦で増えるニキビ問題の根本治療─】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

ニキビ治療|マスクが肌に与える影響 ─コロナ渦で増えるニキビ問題の根本治療─

だんだんキレイになっていく“美の処方箋”① ニキビ編

ニキビ


 新型コロナウイルス感染症対策により、事実上義務化されたマスクの着用。「メイクの手間が省ける」といったメリットを享受している人もいるかもしれないが、マスクによって肌の調子が悪くなったと感じている人も多いのではないだろうか。
 今回は、これまで多くの女性に寄り添い、「キレイ」のサポートをしてきた「フェミークリニック」の総院長・北山英美子先生(以下「北山先生」と記載)に、コロナ禍の水面下で問題化しつつある「お肌とマスクの関係」について話を聞かせてもらった。


■マスクで肌の状態が悪化し、ニキビができやすくなる

 夏を前にしたこの時期、美容クリニックでは脱毛の患者さんが多いと思いきや、最近増えているのは「ニキビ治療」だと言う。

「マスクの着用はお肌の状態を悪化させる原因の一つです。マスクの刺激によって角質が剥がれ、毛穴が詰まるとニキビができてしまいます。また、マスク内の湿度が上がることで雑菌が繁殖し、炎症が起こりやすくなります。実際にマスク生活が始まってから、『ニキビができてしまった』と来院される方が増えています」(北山先生 ※以下「」内はすべて同じ)

 長時間にわたるマスクの着用は肌に悪影響を与える。しかし、今後もマスクを使用する生活が続く可能性は極めて高い。ニキビや肌荒れを防ぐことはできないのだろうか。また、できてしまったニキビを治す方法はないのだろうか。

「初期にできる小さな白いニキビの場合はご自身でケアすることができます。でも、誤った情報を鵜呑みにしてしまい、悪化させてしまう人も多いですね。スクラブ入りの洗顔料などの刺激がある化粧品を避け、保湿をしっかりして下さい。問題なのは炎症が起きた赤いニキビの場合。これは、跡が残りやすいので要注意です」

ニキビ(尋常性痤瘡)には通常、以下①~④の状態が混在している

①面皰 毛包漏斗部が角質で閉鎖し毛包内に皮脂が充満した状態
・白色面皰(白ニキビ) 毛孔が閉鎖している
・黒色面皰(黒ニキビ) 毛孔が開大して黒く見える
②紅色丘疹・膿疱(赤ニキビ) 面皰に炎症が加わった状態
③嚢腫 ②の炎症がさらに進んだ状態
④瘢痕 赤色、色素沈着、陥凹

 なるほど。「赤いニキビ」については専門家に診てもらった方が良さそうだ。でも、普通の皮膚科と美容クリニック…どちらへ行けば良いのだろう?

「一般の皮膚科は薬によってニキビ自体を治すことが目的です。一方、私たちは治療とともに、ニキビ自体をできにくくし、治療後にニキビ跡にならないよう対応させていただきます。時間が経過したニキビ跡を完璧に綺麗にすることは難しいので、正しく素早いケアが必要です」

 

■ニキビ治療をきっかけに「キレイな肌」を目指す

 治療だけではなく、原因の究明や将来の肌のことを考えた適切なケアこそ、美しい肌への処方箋である。それこそが美容クリニックの役割なのかもしれない。

「患者さまの求める理想のお肌に近づけることが私たちのミッションなので、カウンセリング時や通院中に、生活習慣チェックも行っています。ニキビ治療で当院へお越しになる患者さまは平均25歳。「大人のニキビ」はストレスや食事の影響が大きいので、お肌のために生活指導もさせていただきます。また、お会いする回数を重ねることで、例えばお薬も、より効果のあるものに変更することが可能になります」

 美容クリニックは一時的な症状の改善だけでなく、長期的な目線で肌の改善をサポートしてくれる場所である。しかし、そのメリットは理解したものの…効果やコストはどうなのだろう。

「来院したらその場ですぐに治るというイメージをお持ちかもしれませんが、お肌をキレイにしていくには多少の時間が必要です。ニキビ治療については半年くらいが目安でしょうか。患者さまのご予算に応じて、何がどこまでできるか、まず何をすべきかなどをお話しています」

ニキビ
取材中の北山院長。身振り手振りをまじえ、真剣に「美」について語ってくれた

 半年と聞いて長いと感じる方がいるかもしれないが、北山先生は患者さんにすべて正直に伝えているそうだ。玉石混淆の多くの美容情報に惑わされた結果、時間とお金を無駄にしてほしくないからだと言う。

「患者さまの期待するゴールと、私たちだから見えるゴールを合わせていくことが大切だと考えています。かかる時間と費用、それによって得られる効果、そして出来ないことがある場合は、それも一緒にお伝えしています」

 勇気を出して美容クリニックを訪れた患者の期待はとても大きい。しかし元々の体質や年齢によって、予想される効果は様々だそう。だからこそ、その人にとってのゴールをすり合わせていき「ゴールまで並走する」という姿勢がありがたい。

 

■だんだんと、ちょっとずつ綺麗になっていく

 興味深いのは、治療による症状の改善後、患者に起こる変化の話だ。

「お肌の悩みが改善していくにつれ、美容や健康への意識が高まっていくように感じます。例えばニキビ治療の場合だと、メイクが薄くなっていく方はとても多いです。それに、前向きになることで口数や笑顔が増えるのも顕著な変化ですね。食事や生活習慣に気を付けるようになり、健康になったという話を聞くと、やっぱり嬉しいです」

 取材後に見せてもらった患者アンケートにも『生活習慣を見直すきっかけになった』といった回答が多かったのが印象的だ。治療だけではなく、美容や健康への意識が変わることで本質的な美に近づいていく。治療を通して自分でできること、やるべきことに気がつくきっかけにもなっているようだ。

「私は『だんだんちょっとずつ。ナチュラルに綺麗になる』ことを大事にしています。周囲に『何かした?』と思われるような劇的な変化ではなく『半年前の写真より綺麗になっている』というイメージですね。今は美容クリニック自体が身近になり、どんどん年齢層が広がっています。心理的な負担を極力減らし、確実に綺麗になっていくためのサポートをしていきたいと思います」

 最後にニキビに悩む人に向けて、スキンケア選びについてのアドバイスをもらった。

「一般的に、過剰に分泌されるTゾーンの皮脂を抑える『思春期ニキビ』用の化粧品が多いと思います。それを20代以上の女性が使うと、肌が乾燥して角質が硬くなり、ますますニキビが悪化してしまいます。一年中、頬や顎などUゾーンに出る『大人ニキビ』用のものを選ぶことが大切ですね」

 ファッションやメイクと違い、あなたの肌をキレイにするために必要なのは、正しい美容知識と適切な治療、そして、自分の大切な「顏」を任せられる信頼できる専門家である。耳障りの良い言葉や安価な商品ではなく、美しくなるための根本治療に向き合っていただきたい。

 

KEYWORDS:

■「フェミークリニック」公式HPはこちら

オススメ記事

北山 英美子

きたやまえみこ

「フェミークリニック」総院長兼新宿院院長

■平成11年3月 東邦大学医学部卒業
■平成11年5月 東邦大学形成外科 入局
■平成11年5月 日本形成外科学会 所属
■平成15年5月 日本美容外科学会 所属
■平成15年5月 渋谷フェミークリニック 院長就任
■平成16年11月 日本皮膚科学会 所属
■平成18年2月 フェミークリニック 総院長就任
■令和元年8月 新宿フェミークリニック 院長兼任 

現在に至る。

この著者の記事一覧