女子にやって欲しい NO.1ストレッチ | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

女子にやって欲しい NO.1ストレッチ

女子40歳からの、身体美人化計画 第24回


 女性の永遠のテーマである「若々しさ、美しさ」を、流行に翻弄されずに確実に自分のものにするにはどうしたら良いのでしょうか? この連載では、本質的に健やかで美しい女性であるための方法を、パーソナルトレーナーの三雅さんが、妙齢女子の体と心の在り方から見つめていきます。大好物のコラーゲンや女性ホルモンとの付き合い方などに触れながら、華麗に加齢に抵抗する術を授けます。


■ランジストレッチで骨盤を柔らかく保つ

 今年もあっという間に6月になりましたね。いかがお過ごしでしょうか。緊急事態宣言が解除され、いくらか心が緩んだものの、仕事や学校が以前とは違うかたちで再開することになったり、心身ともに落ち着くにはまだ時間がかかりそうですね。いやいや、落ち着きをただ待つのは違うかな。いかに柔軟さを持ち、どれだけその時その時を健やかに笑っていられるか? そんな自分を育てていく時ですよね。柔らかくて強くて美しい、そこを目指していきましょうよ。

 よし、心の柔らかさはもちろんだけど、手始めに体を柔らかくしたい。とはいえ体のどこから柔らかくしたら良いの? ストレッチの種類がありすぎる〜涙

 そんなあなたに、私が選ぶ「女子にやって欲しい NO.1ストレッチ」はこちらです!

 いつも言っているように、女子は骨盤を柔らかくしないことには始まりません。だから腰回しなどのリセットが大事で(詳細は第3回記事)、この「ランジストレッチ」という下半身を鍛えるトレーニングが大事です。骨盤の中を通って股関節につながるインナーマッスル「腸腰筋」という筋肉を柔らかくします。

 この腸腰筋が硬いと骨盤を固めてしまい、まず骨盤にロックがかかります。そして股関節も硬くしてしまうので、骨盤の両脇を硬い股関節で挟んでしまい更にロックがかかり、ダブルロック! これでは骨盤が柔らかく開閉するのは難しい。多くの女子たちは骨盤を柔らかく開閉できないために、生理、婦人科、自律神経を悪くしているのです。

 やってみるとわかりますが、写真のようにお尻と前足の足首がくっつかない女子が大半なのが現状。それは後ろ足の方の腸腰筋が硬いということ。やってみてください。どうですか? くっつかず離れているほど、股関節ごと骨盤が固まっているということです。しなやかに開閉してナンボの女子の骨盤。そこに二重の鍵をかけるなんて超絶NG。子宮卵巣が苦しんでいます……。しかも腰痛や股関節痛、膝痛にもつながるので、ぜひ練習しましょうね。

 このストレッチのコツは、上半身、骨盤、前足の膝、の3点が真っ直ぐ同じ方向を向いていること。あちこち向いてしまうと腸腰筋がうまく伸びません。このポーズで20秒キープ。お風呂上がりなどに無理なくやってください。やれば必ず柔らかくなるので、お尻と足首がくっつくのを今年の目標にがんばりましょう!

 星の数ほどあるストレッチの中で、女子に一番大事なのはどう考えてもこれ。なぜなら女子は骨盤が柔らかくないと健康で幸せになれないから。だからぜひ取り組んでみてください。そして幸せになってくださいね。

 

次のページ肩甲骨と同時進行で柔らかな人になるがよし

KEYWORDS:

オススメ記事

三雅(mika)

パーソナルトレーナー。10代から結膜炎、鼻炎、喘息、アトピーなどのアレルギー疾患に苦しみ、27歳の時に草津温泉にこもり湯治生活をする。自分自身を蘇らせることに全身全霊をかけ、やがてほとんど薬を使うことなく全てのアレルギー症状を克服。その後、中国政府認可の国際中医薬膳師やピラティスインストラクターなどの資格を取り、現在は通うのは月1回で良いオリジナルメソッドのトレーニング指導を行っている。



http://gracehouse-mika.com/



写真:花井智子


この著者の記事一覧