【帯広刑務所編】塀の中も極悪「無法地帯」! じんさん「チロリン村」へ配属《懲役合計21年2カ月》 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

【帯広刑務所編】塀の中も極悪「無法地帯」! じんさん「チロリン村」へ配属《懲役合計21年2カ月》

凶悪で愉快な塀の中の住人たちVol.8


 元ヤクザでクリスチャン、今建設現場の「墨出し職人」さかはらじんが描く懲役合計21年2カ月の《生き直し》人生録。カタギに戻り10年あまり、罪の代償としての罰を受けてもなお、世間の差別・辛酸ももちろん舐め、信仰で回心した思いを最新刊著作『塀の中はワンダーランド』で著しました実刑2年2カ月!
 帯広刑務所に入ったじんさんは、懲役での「豆の選別」を行った。弾かれる豆をじっと見ながら、世の中から弾かれる自分たちの姿を見た。
 印刷工場に配役となったじんさんは通称「チロリン村」。電気ソケットを作る「モタ」と呼ばれる班でのデビューです。そこは魑魅魍魎のトンデモナイ場所でした・・・。


■弾かれ、捨てられてゆく豆のように

 当時、この工場には○○会の柿田といういい器量をした兄ィが務めていた。あるとき、その柿田兄ィが突然、頭のオカシイ懲役に襲われ、危うく2本の千枚通しで刺されそうになったことがあった。

 ボクはこのとき、ベルトコンベヤーに乗って流れてくる、でき上がった玩具の検品を立ち役でやっていた。後方でガタガタッという音とともに怒声がしたので振り向くと、千枚通しの切っ先が今にも柿田兄ィの顔に突き刺さる寸前だった。
 柿田兄ィは襲ってきた暴漢の両手首を自分の二の腕で必死に握り押さえていた。まさに間一髪である。

 こんな感じで、無法地帯と化した物騒極まりない東部六工場は、ワイルドキャットな懲役たちの怒号が毎日、飛び交っていたのだ。

 当時の刑務所は今と違って、犯罪者たちにとってデタラメのできた、ある意味では生きやすい時代でもあった。そして、大手を振って自由に闊歩できた時代でもあったからこそ、塀の中の規則やルールといったものはまるで守られず(逆に、不良間での秩序はきれいに保たれていたから、秩序なくして秩序ありであった)、危険もいっぱいだった。だからこそ、担当台も今では考えられないほど異常なまでの高さになっていたのである。

 

 ボクが配役になった帯広刑務所の印刷工場の担当台は、そんな物騒な時代とは違って、2メートルはなかった。担当台を背にした左側の奥に便所があり、その手前の一角には、通称「チロリン村」と呼ばれている電気ソケットの組み立てをする軽作業の「モタ」と呼ばれている班があった。

 この班は10名くらいで構成されていた。刑務所には、大体どの工場にも大なり小なり異なった作業を行うモタの班があって、その仕事に就く者たちを蔑んだ言葉で「モタ公」と呼んでいた。

  担当台の正面には印刷機が3台。その左側には断裁機があり、正面右側には文選やオフセット用のPS版の焼付け機があった。そして担当台の真横に経理班があり、その隣には製本、その奥に暗室があった。

 工場の中央には白線が2本、工場を縦断してド〜ンと真っ直ぐに引かれていた。この中央ラインが、刑務官の基本中の基本である懲役たちの点呼を行う神聖な整列場所となっているのだ。

 ボクはチロリン村に配属になり、その後2カ月間、電気ソケットの組み立て作業をやらされた。新入りは、最初ここからスタートするのである。

 そして、満期や仮釈放などで工場から引っ込む者がいると、そこのポジションが空くことになる。いいポジションであれば、そこに担当のおメガネに適った者が就くことになる。おメガネに適わなければ、いつまでたってもモタの仕事から解放されることはない。よって、満期まで「飼い殺し」となる懲役もいるのだ。

『ヤクザとキリスト〜塀の中はワンダーランド〜つづく)

KEYWORDS:

2020年5月27日『塀の中のワンダーランド』
全国書店にて発売!

 新規連載がはじまりました!《元》ヤクザでキリスト教徒《現》建設現場の「墨出し職人」さかはらじんの《生き直し》人生録。「セーラー服と機関銃」ではありません!「塀の中の懲りない面々」ではありません!!「塀の中」滞在時間としては人生の約3分の1。ハンパなく、スケールが大きいかもしれません。

 絶望もがむしゃらに突き抜けた時、見えた希望の光!

 「ヤクザとキリスト〜塀の中はワンダーランド〜」です。

オススメ記事

さかはら じん

さかはら じん

1954年生まれ(本名:坂原仁基)、魚座・O型。埼玉県本庄市生まれの東京育ち。幼年 期に母を亡くし、兄と二人の生活で極度の貧困のため小学校1カ月で中退。8歳で父親に 引き取られるも、10歳で継母と決裂。素行の悪さから教護院へ。17歳で傷害・窃盗事件を 起こし横浜・練馬鑑別所。20歳で渡米。ニューヨークのステーキハウスで修行。帰国後、 22歳で覚せい剤所持で逮捕。23歳で父親への積年の恨みから殺害を実行するが、失敗。 銃刀法、覚せい剤使用で中野・府中刑務所でデビューを飾る。28歳出所後、再び覚せい剤 使用で府中刑務所に逆戻り。29歳、本格的にヤクザ道へ突入。以後、府中・新潟・帯広・神戸・ 札幌刑務所の常連として累計20年の「監獄」暮らし。人生54年目、獄中で自分の人生と向き合う不思議な啓示を受け、出所後、キリスト教の教えと出逢う。回心なのか、自分の生き方を悔い改める体験を受ける。現在、ヤクザな生き方を離れ、建築現場の墨出し職人として働く。人は非常事態に弱い。でもボクはその非常事態の中で生き抜いてきた。

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

塀の中はワンダーランド
塀の中はワンダーランド
  • じん, さかはら
  • 2020.05.27