Go To 府中刑務所「懲役へ行く者はすべては、《諦め》から始まる」【塀の中はワンダーランド刑務所編①】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

Go To 府中刑務所「懲役へ行く者はすべては、《諦め》から始まる」【塀の中はワンダーランド刑務所編①】

凶悪で愉快な塀の中の住人たちVol.1


 元ヤクザでクリスチャン、今建設現場の「墨出し職人」さかはらじんが描く懲役合計21年2カ月の《生き直し》人生録。カタギに戻り10年あまり、罪の代償としての罰を受けてもなお、世間の差別・辛酸ももちろん舐め、信仰で回心した思いを最新刊著作『塀の中はワンダーランド』で著しました前回までは拳銃をめぐる白熱の司法取引の応酬。
 実刑2年2カ月! 今回から第2章いよいよ刑務所編のはじまりです!


■すべては、諦めから始まる

 判決を終え、控訴期限の三日前までT警察の留置場に座っていたボクは、護送バスで八王子の街中を流れる浅川を渡り、新しい住居となる八王子拘置所(「八拘」)へ移ってきた。

 拘置所は留置場と違ってタバコを吸うことはできないが、その分、自由があった。しかし、三日後が控訴期限いっぱいになるボクは、刑が自然確定すれば、八拘にはおおよそ一週間くらいしか滞在することができないから、そんな自由はないに等しかった。

 八拘に移監した当日、ボクは弟分たちから差し入れられた「甘味類」に子どものように目を輝かせ、心を浮き立たせていた。だが、ウキウキばかりしている暇はない。三日の猶予しかないと思うと、味わう余裕もなく、ひたすら呑み込む。

 自然確定すれば、2日で刑の執行を告げる式書が裁判所から届く。刑の執行の言い渡しを受けると、その瞬間から懲役囚となり、甘味類を食べることができなくなってしまう。たとえ部屋にどんなにたくさんの差し入れや購入した食べ物が残っていても、すべて廃棄となってしまうのだ。

 嬉しかったのは嗜好品のブラックコーヒーを何杯も飲めたことだ。だから、ボクの60兆の細胞に染みこんだ苦みは、まるでフラッシュバックを起こしたかのように覚せいして、それからのボクを5日間、天井に浮き出た染みとにらめっこさせて、眠らせてくれなかった。おかげで天井の染みが女の裸に見えたりしていたボクは、ときおり「ヒヒヒ」と不気味に笑ったりして、まるで覚せい剤中毒患者のようにでき上がっていた。

 時間の経過とともに、ボクの心は逮捕時のショックから立ち直っていた。人間の心は巧くできているようである。嫌なことがあると、それを回避し克服しようとする心のメカニズムが自然と働くようになっているのだ。

 八拘に移ってからのボクは、医務課から眠剤(睡眠薬)をもらわなくて済むようになっていた。これからまた、アカ落ち(獄に落ちてシャバのアカを落とすこと。ムショに入ること)していくのに必要としない眠剤なんか、飲んで呆けていられなかった。

 本当は残された家族こそ悲嘆に暮れているのに、ボクだけ現実逃避を図って眠剤に頼るのは卑怯であり、そんなものに頼るべきではなかったのだ。それだけパクられたときのショックが大きかったともいえる。

 八拘での一週間は慌しく過ぎていった。この間、奥さんと友人の悦子と弟分たちが、それぞれ面会に来てくれ、

 「ジンさん、府中刑務所に移ったらまた面会に行くね」
 「アニキ、淋しくなりますね。元気で身体に気をつけて行ってきてください」
 などと別れを惜しんでくれた。

 懲役へ行く者はすべてが「諦め」から始まる。またそれが、未来へ向かっての始まりの第一歩ともなるのである。

次のページどこの刑務所に行っても、仕事で他の懲役に負けることはなかった

KEYWORDS:

 2020年5月27日『塀の中のワンダーランド』
全国書店にて発売!

 新規連載がはじまりました!《元》ヤクザでキリスト教徒《現》建設現場の「墨出し職人」さかはらじんの《生き直し》人生録。「セーラー服と機関銃」ではありません!「塀の中の懲りない面々」ではありません!!「塀の中」滞在時間としては人生の約3分の1。ハンパなく、スケールが大きいかもしれません。

 絶望もがむしゃらに突き抜けた時、見えた希望の光!

 「ヤクザとキリスト〜塀の中はワンダーランド〜」です。

オススメ記事

さかはら じん

さかはら じん

1954年生まれ(本名:坂原仁基)、魚座・O型。埼玉県本庄市生まれの東京育ち。幼年 期に母を亡くし、兄と二人の生活で極度の貧困のため小学校1カ月で中退。8歳で父親に 引き取られるも、10歳で継母と決裂。素行の悪さから教護院へ。17歳で傷害・窃盗事件を 起こし横浜・練馬鑑別所。20歳で渡米。ニューヨークのステーキハウスで修行。帰国後、 22歳で覚せい剤所持で逮捕。23歳で父親への積年の恨みから殺害を実行するが、失敗。 銃刀法、覚せい剤使用で中野・府中刑務所でデビューを飾る。28歳出所後、再び覚せい剤 使用で府中刑務所に逆戻り。29歳、本格的にヤクザ道へ突入。以後、府中・新潟・帯広・神戸・ 札幌刑務所の常連として累計20年の「監獄」暮らし。人生54年目、獄中で自分の人生と向き合う不思議な啓示を受け、出所後、キリスト教の教えと出逢う。回心なのか、自分の生き方を悔い改める体験を受ける。現在、ヤクザな生き方を離れ、建築現場の墨出し職人として働く。人は非常事態に弱い。でもボクはその非常事態の中で生き抜いてきた。

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

塀の中はワンダーランド
塀の中はワンダーランド
  • じん, さかはら
  • 2020.05.27