【自律神経の乱れは食事で改善する <br />自律神経失調症に精通する医師がすすめる最適な食材とは?】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

自律神経の乱れは食事で改善する 
自律神経失調症に精通する医師がすすめる最適な食材とは?

体の不調を改善する3つのレシピをご紹介!

食物繊維&ビフィズス菌で整腸効果

ねぎとキュウリ納豆&めかぶ納豆

 納豆はビタミンB12だけでなく、胃腸の症状を改善する食物繊維も豊富。玉ねぎやめかぶなど、同じく食物繊維を含む食物と一緒に摂ることで、腸内環境を理想的に整えることができる。

「納豆は自律神経に関わる効能だけでなく、老化防止や疲労回復など、総合的な健康効果が望める究極の自然サプリメント。さまざまなレシピで変化をつけ、毎日食べるのがお薦めです」(里見さん)。

 

材料2人前(玉ねぎとキュウリ納豆)

玉ねぎ…40g

キュウリ…1/5本

ミニトマト…2個

納豆…1パック

酢・醤油・オリーブオイル・

こしょう…各適量

作り方

1/玉ねぎ、キュウリ、ミニトマトを粗みじんに切り、納豆と混ぜ合わせて器に盛る。

2/1に、酢、醤油、オリーブオイル、こしょうを好みに応じた分量でかける。

材料2人前(めかぶ納豆)

刻みめかぶ…60g

しょうが…1かけ

納豆…1パック

醤油…適量

胡麻…適宜

作り方

1/刻みめかぶと納豆をボウルなどの容器に入れ、よく混ぜてから器に盛りつける。

2/1にすりおろしたしょうがと胡麻をトッピングし、適量の醤油をまわしかけて完成。

 

KEYWORDS:

オススメ記事

里見 英子

さとみ えいこ

里見英子クリニック院長。1953年、石川県生まれ。兵庫医科大学卒。専門は内科。白山病院副院長として33年間医療に従事し、自律神経失調症など現代病の予防医学に精通。2013年に現クリニックを開業。著書に『自律神経を整える健康の知恵袋』『ナニワの美女医がこっそり教えるほんまにキレイな美容術』(主婦の友社)など多数。


この著者の記事一覧