【水道橋博士 10万字超えメルマガにかける熱量と博士の「AKB48」<br />】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

水道橋博士 10万字超えメルマガにかける熱量と博士の「AKB48」

Q5.“紙の本”の衰退をどう思いますか?

ジャングルが滅亡するなら、新しいジャングルを作ればいい!

 

 

 近年、出版不況で紙媒体が衰退していると言われてますけど、出版不況を言うのであれば、アントニオ猪木が言うように、「ジャングルが滅亡するなら、新しいジャングルを作ればいいじゃねえか!」っていう事ですよ。

 オレは50歳の時に『メルマ旬報』(注:水道橋博士が編集長を務める、これまでにない規模と熱量で配信しているメールマガジン)を始めたんですけど、これは猪木イズムなんですよ。守るんじゃなくて新しいジャングルを作ればいいんです。それがメルマガなわけです。

 メルマガっていうのは本と違って字数制限がないっていうところが強み。普通、メルマガっていうのは、6000字くらいが読みやすさの標準なんだけど、オレは最初から10万字以上を考えていたんですよ。配信して受け取ったらスマホがドスンと重くなるようなイメージです(笑)。過剰な量が届くというイメージ。

次のページメルマガの出口として”本”がある!

KEYWORDS:

オススメ記事

水道橋博士

すいどうばしはかせ

1962年岡山県生れ。ビートたけしに憧れ上京するも、進学した明治大学を4日で中退。弟子入り後、浅草フランス座での地獄の住み込み生活を経て、87年に玉袋筋太郎と漫才コンビ・浅草キッドを結成。90年のテレビ朝日『ザ・テレビ演芸』で10週連続勝ち抜き、92年テレビ東京『浅草橋ヤング洋品店』で人気を博す。幅広い見識と行動力は芸能界にとどまらず、守備範囲はスポーツ界・政界・財界にまで及ぶ。芸能人の中でいち早く始めたブログ、ツイッターなどでの情報発信も盛んに行っている。



公式ブログ「博士の悪童日記」:http://blog.livedoor.jp/s_hakase/



ツイッター:https://twitter.com/s_hakase


この著者の記事一覧