広瀬すず、はじめての告白。【1/5】<br />「芸能界って美人さんばっかりなのに…!」 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

広瀬すず、はじめての告白。【1/5】
「芸能界って美人さんばっかりなのに…!」

9月10日(土)の映画『四月は君の嘘』公開を記念して、広瀬すずの独占インタビューを配信!

 

写真を拡大 ©2016映画『四月は君の嘘』制作委員会 ©新川直司/講談社

 

子どもの頃の夢は女優…
ではなく「ひとり暮らし」!?

 

——と、いうことで……一番古い記憶ってなんですか?

 

広瀬 わりと昔です。赤ちゃんの頃、まわりにいっぱい親戚や、父と母がいて。「なんで自分は歩けないんだ」って気持ちで見ていたのを覚えてるんです。「なんで自分はここに寝てるんだろう。あの人たちのところにいきたい!」って。それが一番古い記憶です。

 

——「自分はこうしたいのにできない」ってことに、モヤモヤイライラしている感情なんですね。それにしても、相当昔から記憶があるんですね。

 

広瀬 1歳で保育園に入った日の記憶もあって。「親がいないのに、ひとりでいる自分、かっこいい」って思った記憶とか。ひとりが好きな子でしたね。ひとりで竹馬したり、泥団子を作ったり。……私、泥団子の名人って呼ばれてたんです。親指で削るように磨いていくと、砂がつるっつるになっていくんですよ。形が気に入らないとギューってつぶしちゃったりして。完璧主義で。あと、ひとりが好きで、年長のときに、将来の夢に『ひとり暮らし』って書きました。

 

——二十歳くらいで叶いそうな夢!(笑)将来の夢は、どう変わったんですか?

 

広瀬 小学2年からバスケをはじめたんです。で、そのときのコーチが厳しくて。でもホワイトボードに何かを書く姿がカッコよくて、将来はバスケのコーチになろうって思ってました。スーパーのレジ打ちがカッコよかったり、警察官とかも憧れました。

 

——……夢に女優さんがまったく出てきませんね。なかなか冒険が始まらない!

 

広瀬 そうですね。私、姉(女優でモデルの広瀬アリス(注※1))と4歳はなれてるんですけど、姉は小6から芸能活動をしてるんですね。スカウトされて。

 

——なるほど。お姉さんの影響もあるというか……。でもお姉さんが芸能界をやるって聞いたときはどう思いました?

 

次のページ芸能界入りが決まった姉に言った衝撃の一言!

オススメ記事