来日外国人はなぜ日本を絶賛するのか?

新刊『世界一自由で差別のない国・日本』(武田知弘)7月16日発売!

著述家・武田知弘先生の最新刊!

世界一自由で差別のない国・日本』7月16日発売!!

 

「人種差別」「出身者差別」「宗教差別」「貧富の差」がほとんどない
日本という国は、実は世界でも珍しい―

来日外国人はなぜ日本を絶賛するのか?
なぜ日本だけが、差別のない国をつくることができたのか?
日本の社会と世界の社会は、どこが違うのか?
その答えがここにある!
「自由」と「平等」の本質に迫る一冊です。

 

 
武田 知弘たけだ ともひろ
  

1967年福岡県生まれ。西南学院大学経済学部中退。1991年大蔵省入省。1998年から執筆活動を開始。1999年大蔵省退官、出版社勤務などを経て、フリーライターとなる。歴史の秘密、経済の裏側を主なテーマとして執筆している。主な著書に、『ナチスの発明』『大日本帝国の真実』(ともに彩図社)、『ヒトラーの経済政策』(祥伝社)、『ワケありな日本経済』(ビジネス社)などがある。

RELATED ARTICLES-関連記事-
  • 2019ドラフト会議特集
  • 不動産プロフェッショナル集団“全宅ツイ”がやって来た
  • 映画に取り憑かれた元アイドル・シマザキリノのシネフィルカフェ
  • MMTブーム仕掛け人・中野剛志が語る
  • 日本マクドナルド創業者の哲学
  • 狩り女子
  • 普通の生活
  • 麗しの日本史講師・あり先生の特別授業