【『女子大でなにを学んだの?』モラハラ夫が原因でがんになった女性を救うために必要なこと】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

『女子大でなにを学んだの?』モラハラ夫が原因でがんになった女性を救うために必要なこと

自分に自信がもてない、理由もなくイライラする……そんな不安の原因は「お母さん病」に支配されているからだった!

◆モラルハラスメント夫との日々でがんにーー若菜さん(30代)

 ぼくのクリニックに来た、一人の女性の例を挙げてみます。

「うつで薬を飲み始めて2年、子宮がんになり手術しました」
免疫力をつけるにはうつじゃいけないですよね。いま6歳の娘のためにも再発したくないんです。先生助けてください」
「今のストレスはなんですか?」
「夫が不機嫌になるのが怖いです」
「夫が不機嫌になると若菜さんはどう感じるんですか?」
「料理が気に入らないと、食べずに冷たい目で見るんです。自分とつり合わない女だと思ってるな、とズシンと来るんです。そうなのだ、私はダメなんだという思いで」
「そう言われたことがあるんですか?」
「『女子大でなにを学んだの?』とかしょっちゅう言われました。夫は東大です。夫の父は京大、夫の母は津田塾大です」
「夫に変わってもらいたい?」
「ええ、いつか、認めてくれるんじゃないか、穏やかになるんじゃないかと」
「相手は変えられない。夫はいつになったら認めてくれるだろう?」
「えーっ、それじゃあんまり……」
「自分が自分を好きになることは選べるよ。自分のことをどう思ってる?」
「うつでがんで、子供に申し訳ないです」
「『申し訳ない』の連鎖はもったいないかも。子供のためでなく、自分のために、まずは『生きてくれてありがとう』の連鎖を始めましょ」
「申し訳ない、じゃなくて、ありがとう。
うつじゃなくって……、自分を好きになって……、免疫力をあげて……元気になる。自信を持って子供を育てる」
「では半年後のあなたはどうなっていますか?」
「半年後なんて……」
「半年後、自分を大好きになったあなたはなにしてる?」
「夫に怯えず、子供と楽しんで生きています」
「ステキですね。ひとつひとつ楽にしていきましょう」

 彼女はモラルハラスメント夫の影響を強く受け、ストレスを溜めて免疫が落ちて、がんになっている。なのに、夫が変わることを頼りにするしか、どうしていいかわからない。自分を責めるばかりです。

 変わらない相手はどうすればわかってくれるのか、こうしたらいいか、ああしたらいいか、と考えて一日が暮れる。そんなふうに心のエネルギーを使うと、自分の体に来ます。正しいか間違っているかではなくて、自分がうれしいかどうかで選び直していきましょう。

KEYWORDS:

オススメ記事

宮島 賢也

みやじま けんや

薬を使わない精神科医

医者なし薬なしでいつの間にか「うつ」が消える本大好評発売中



人はどうしてうつになるのか?

うつの原因に潜む「お母さん病」の実態に迫り、そこから脱出するにはどうしたらいいか22の実例とともに脱出方法を例示。



~プロフィール~

1973年神奈川県生まれ。防衛医科大学校を卒業し、研修中に意欲がわかず精神科を受診、うつ病の診断を受ける。自身が7年間抗うつ剤を使った経験から、「薬でうつは治らない」と気づき、医師以外の人や書物から食生活や人間関係、潜在意識や考え方を変えることの大切さを学び、うつ病を克服する。その経験を踏まえ、患者が自ら悩みに気づき、それを解決するお手伝いをするメンタルセラピーを開発。現在、国際メンタルセラピスト協会専務理事であり、メンタルセラピストの養成を行う。執筆活動とともに、薬に頼らずに自分で健康に幸せになるための講演会も全国各地で実施。

著書に『医者の私が薬を使わず『うつ』を消し去った20の週間』(中経出版)、『自分の「うつ」を治した精神科医の方法』『同[イラスト図解版]』(以上、河出書房新社)、共著に『安保徹免疫学症状別実践法・入門』(宝島社)、『どうせ生きるなら「バカ」がいい』(村上和雄との共著、水王舎)などがある。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

医者なし薬なしでいつの間にか「うつ」が消える本
医者なし薬なしでいつの間にか「うつ」が消える本
  • 宮島 賢也
  • 2014.01.21
隠れアスペルガーという才能 (ベスト新書)
隠れアスペルガーという才能 (ベスト新書)
  • 吉濱 ツトム
  • 2016.01.09
どうしても「許せない」人 (ベスト新書)
どうしても「許せない」人 (ベスト新書)
  • 加藤 諦三
  • 2008.01.09