元祖リバータリアンであるアイン・ランド研究の日本の第一人者として知られる藤森かよこ氏(福山市立大学名誉教授)が上梓した『馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。』(KKベストセラーズ)が女性エッセイの売れ筋ランキングで1位を獲得している。とくに子育て世代である35歳から45歳の女性の支持が厚い。今回は、藤森氏が日本の大きな社会問題となっている虐待に関して、メディアのあり方、家族のあり方、そして社会のあり方について、語る。

■あまりに残酷無残な虐待はメディアもあまり報道しない

 報道されていないから、起きていないわけではない。メディアが騒ぐ子ども虐待の事例も残酷だが、もっととんでもない残虐無残な事例は、あまり報道されない。

 NHKスペシャル「消えた子どもたち」取材班編『ルポ 消えた子どもたち 虐待・監禁の深層に迫る』(NHK出版新書、2015)や、宮田雄吾『「生存者」と呼ばれる子どもたち 児童虐待を生き抜いて』(角川書店、2010)を読むと驚く。まさしく、事実は小説より奇なりだ。

 2005年に福岡市で、裸足で歩道に立つ女児が発見され保護された。長さがバラバラの髪の毛は、あちこち引き抜かれ頭皮が見えていた。着衣には血痕がついていた。身長120センチ体重22キロの女児は、実際は18歳だった。18年間も母親に家に監禁され、小中学校にも通えなかった。父親や兄や姉は、母親のすることを見て見ぬふりをしていた。誰も母親の暴挙を制しなかった。意味不明な家族である。

 2014年には神奈川県厚木市で、5歳くらいの男児の白骨死体がアパートの一室のゴミの山の中で発見された。役所に出生届は出されていたが、この男児は小学校にも中学校にも通っていなかった。母は家を出て、父は息子をゴミの中に放置した。こういう人生がある。

 親のネグレクトのために、トイレで排便をすることすら教えられずに、小学校高学年になっても大小便ともに垂れ流したままの男児もいた。小学生4年生で養護施設に来たこの男児の放つ悪臭を何とかしようと下着を脱がせた職員は仰天した。からからに乾いた大便が大量に男児の臀部一面を覆っていたからだ。この男児が、排泄をコントロールして自分で処理できるようになるのに3年間かかった。

 

■妊娠中絶が犯罪者を減らした

 ところで、1990年代の初頭あたりのアメリカ人は、未来は一層に凶悪犯罪が増えるだろうと信じていたのだが、実際のところは、2000年にはアメリカ全体の殺人率は35年前の水準にまで下がっていた。単なる暴行から窃盗まで減った。なぜか?

 それは、1972年にアメリカで妊娠中絶が合法になったからだ。つまり、子どもを犯罪者に育ててしまう類の機能不全家庭を形成するに違いないタイプの女性が、妊娠しても子どもを産まないですむことができるようになったからだ。

 ということが書いてあるのは、スティーヴン・J・ダブナー&スティーヴン・D・レヴィット著『ヤバい経済学---悪ガキ教授が世の裏側を探検する』(望月衛訳、東洋経済新報社、2007)だ。

 アメリカのキリスト教原理主義者は妊娠中絶手術を行う医師を殺害するほどに妊娠中絶を蛇蝎視する。しかし、生まれたら、必ず親に虐待され、長じては犯罪者になるしかない哀れな人間を生産しないですむ妊娠中絶の功徳については何も言わない。