写真:アフロ

 槇原敬之が21年ぶりに逮捕された。所属事務所は「現在、詳細な事実確認を行 っておりますが、警察において取り調べ中のため、その状況の進捗を待っているところでございます」としたうえで、

「関係者の皆様、ファンの皆様に深くお詫び申し上げます」

 と、コメント。ただし、本人の言葉はまだない。ちなみに、前回は判決直後に「お詫びと御礼」と題する直筆の謝罪文を発表した。彼はそこで、

「これからの人生の、良い教訓として生かして行ければと思っております」

「頑張って良い曲を作り、歌うことで、恩返しをして行きたいと考えております」

 などと語り、それを見事に実践してみせた。逮捕の3年後、SMAPのアルバム用に提供した「世界に一つだけの花」が注目され、やがて、平成最大のヒット曲となる。これにより、ある意味、みそぎも果たしたのだ。

 しかし、彼は謝罪文にこんなことも書いていた。

「寛大な判決が下りました今も、法を犯す事の重大さを痛感しております。今後は、絶対にこの様な事を起こさないことを、堅くお約束いたします」

 こちらの「お約束」については反故にしてしまったうえ「法を犯す事の重大さを痛感」についても今回、疑問の目が向けられている。謝罪文を発表後、制作会社などへのあいさつまわりをした際に「いや~運が悪かったよ」という軽い調子で関係者に話していたことをスポーツ紙が報じたのだ。

 その関係者は「その場では一緒に笑って合わせた」ものの「一緒に捕まった友人を事務所の代表に据えた時に、本当に反省していなかったんだなと確信した」という。

 また、この「友人」は同性の恋愛パートナーでもあったが、槇原は裁判で絶縁を宣言したにもかかわらず、自分からよりを戻したらしい。そして、06年から18年まで事務所の社長を任せた。しかし、槇原が別の男性に乗り換えたことで、破局。今回の逮捕には、この元パートナーによる意趣返しが絡んでいるとの見方も出ている。

 さらに、槇原は音楽誌のインタビュー(04年)で前回の逮捕を「可愛い万引き」にたとえたりしていた。前出の「運が悪かった」とも相通じる発言だ。

 それにしても、せっかくの直筆謝罪文を台無しにしてしまったかのような今回の逮捕。では、他のミュージシャンの場合はどうだろう。じつは、逮捕後の言い訳にはその人の本質がにじみ出たりもする。というわけで、クスリでしくじった大物たちの言葉を集めてみた。

次のページ まずは、長渕剛。お気楽なのが井上陽水。そしてASKA…