■バレエの完成それが3大バレエ

花のワルツ(『くるみ割り人形』)

「時代ごとに、それぞれ異なった魅力を楽しめるのがバレエ。でも、やはり一番華やかなのは、19世紀後半のロシア、その代表こそチャイコフスキーの『3大バレエ』に違いありません」

 バレエ研究家の川島京子さんが教えてくれた。

 
バレエ研究家/川島京子さん
跡見学園女子大学准教授。
専攻は舞踊学、バレエ史。
早稲田大学・同大学院に学び、歴史・文化面に広がるバレエの芸術性を研究。

 バレエの国ロシアに数ある劇場。その最高峰は、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場とモスクワのボリショイ劇場だ。3大バレエ誕生にもこの2劇場が大きくかかわっている。

3大バレエの誕生に関わるロ シアのトップ2劇場、ボリシ ョイ劇場(モスクワ上)とマ リインスキー劇場

 チャイコフスキーが最初に手掛けたバレエ音楽『白鳥の湖』は、1877年にボリショイ劇場で上演された。ところがその評判は芳しくなく、一時、作品は完全に忘れ去られてしまう。その13年後、マリインスキー劇場は、バレエでロシア帝国を盛り上げようと豪華絢爛、莫大な予算をかけて『眠れる森の美女』上演を企画。劇場付き作曲家がいたにも関わらず、あえて大作曲家チャイコフスキーに作曲を依頼した。この作品は大成功を収め、その2年後には、同じくメルヘンの世界を題材にした『くるみ割り人形』を上演する。ところが翌1893年、チャイコフスキーが急死。その結果、この3作がチャイコフスキーの3大バレエとして残ることになった。

チャ イコフスキー(1866-1893)

 

■ロマンティックな恋物語『白鳥の湖』

恋におちたオデット姫とジーク フリード王子。(『白鳥の湖』)

「一度は消えてしまった『白鳥の湖』でしたが、作曲家の死をきっかけにマリインスキー劇場は再びこの作品に光を当てます。物語をぐんと簡略化し、新しい振付には、すでに『眠れる森の美女』『くるみ割り人形』を成功させていた巨匠マリウス・プティパと弟子レフ・イワノフが心血を注ぎます」

 以来、評価は一変し、『白鳥の湖』は世界で最も愛されるバレエとなった。

 湖のほとり。白鳥狩りに出かけた王子の目の前に現れたのは、悪魔の呪いによって白鳥の姿に変えられた美しいオデット姫。姫から悲しい身の上を打ち明けられ、真実の愛を手に入れれば人間の姿に戻れると知った王子は、姫に永遠の愛を誓う。しかし悪魔の罠にはまり、オデット姫にうり二つのオディール姫に求婚してしまい誓いを破ることに…もはや結ばれることのない二人は湖に身を投げてしまうのだった。

 大勢の白鳥たちが織りなす純白の世界をバックに繰り広げられる、哀しい愛の物語は、見る者すべてを魅了する。

チャイコフスキーが初めて作曲し た傑作バレエ『白鳥の湖』は、1877 年にボリショイ劇場で初演された。