老若男女問わず、多くの人を悩ませる薄毛問題。はたして年代や性別によって症状や治療法は変わるのだろうか? 『薄毛革命』(幻冬舎)の著者であり、自毛植毛において3000症例の実績を持つ「親和クリニック」総院長・音田正光先生(本文では音田氏と表記する)を取材した。

■老いも若きも男も女も抱える薄毛問題

 「アジアNo.1薄毛大国」(※下グラフ参照)である日本では、メディアにAGA治療関連の広告が溢れ、新たな育毛剤の開発を発表しただけで某企業の株価が急騰するなど、薄毛に対する興味関心は非常に高い。これはもちろん、薄毛が当事者にとって極めて深刻な問題であると同時に、薄毛に悩む人が増えていることの証左に他ならない。
 多くの人は薄毛を加齢によるもの、特にオジサンの症状としてイメージしてしまいがちだが、実は20代の若者から60代以上の女性にも髪の悩みを抱える方は多い。
 昨今注目を浴びている薄毛治療「自毛植毛」の権威である音田氏によれば、患者の年齢層は【10代=約1%、20代=約27%、30代=約34%、40代=約26%、50代=約10%、60代以上=約3%】という割合になるそうだ。そして、その中の1割強を女性患者が占めているというのだから、現代における「薄毛問題」はまさに老若男女にとって無視できない悩みであると言えるだろう。
 本稿では、年代や性別ごとの薄毛特性、治療法、そして効果について触れていく。

※アデランス調べ

■20~30代の約3割が発症する“若ハゲ”は早く正しく治すべき

 恋愛や結婚、仕事における出世など、公私にわたって今後の人生を大きく左右することになる20~30代の過ごし方は重要だ。そして、その中において外見の印象はやはり無視できない。綺麗事ではなく「人は見た目が9割」、特に初対面の印象は極めて重要だからである。

 だからこそ早期に薄毛治療を行うメリットは大きいと音田氏は語る。ただし、若い人は様々な治療法を試しがちで、結果的に時間とコストを浪費する傾向があるのだとか。そして、思うような効果が出ないことから、よりネガティブなマインドになってしまうという「負のスパイラル」に陥ってしまうのだ。

 では、この悪循環を経つにはどうしたらいいのだろうか?

「今はしっかりと自然に増える。しかも、継続的なコストがかからない自毛植毛という方法があります。しかも、数年前とは違って現代の技術ではメスを使用しない手術が可能になりました。今回、薄毛に悩む若い方にお伝えしたいことが2つあります。まず、薄毛の多くは進行性であるということ。悩んだり回り道をしている間にも髪は減っていってしまうのです。もう一つは、治療費はランニングコストで考えるべきだということ。入口が安価に見えても、トータルでどれくらいの費用になるのかをしっかり考えていただきたいです」

 今、薄毛でいることの機会損失はどれくらいなのか。近い将来、今より減った髪を増やすコストはどれくらいになるのか。若い世代にはぜひ戦略的な薄毛治療を検討してもらいたい。
 

■加齢で薄毛治療を諦める必要のない時代

 人生100年時代と言われる今では50歳を過ぎても若々しい人がたくさんいる。しかし、適度なボリューム感があるロマンスグレーの毛髪に憧れつつも「もう歳だから…」という理由で治療を断念してしまう人も少なくないだろう。聞けば、音田氏のもとには50代以上の患者も多く訪れるという。

「中高年の方には特に自毛植毛の自然な仕上がりが喜ばれますね。例えば、全体的に白髪が多いのに一部分だけ真っ黒というのも不自然ですよね。そもそも、自分の毛を使えば不自然にはなりえないのです。採取元の後頭部の髪が白髪であれば、どこに移植しても白髪になります。それに、自分の毛ですから、もちろんメンテナンスも不要です。術後は都度通院したり、費用がかかることがないのです」

 ちなみに音田氏が担当した最高齢の患者さんは83歳の男性だとか。
 高齢者の方でも再婚を考えている方や、お孫さんの誕生を機に見た目を良くしたいと考える人が増えているのだという。高齢化社会だからこそ、長いリタイア後の生活も見据えた薄毛治療は十分に検討に値するだろう。
 

次のページ 薄毛が解消したらどんな人生を送りたいのか?