■もし「虐待サバイバー文学大賞」があるとしたら

「虐待サバイバー文学大賞」なるものがあるとしたら、受賞者に選ばれるのは、まず小林エリコだろう。小林は、子ども時代からの虐待体験や成人後のブラック職場での生活や精神病院生活や生活保護受給体験を漫画やエッセイの形式で発表している。

 

 小林は、自分の体験記を最初はフリーペーパーにして店先に置かせてもらった。それが評判となり、文学フリマでまとまった文章を売るようになった。それが出版社の目に留まった。

 小林の『この地獄を生きるのだ うつ病、生活保護。死ねなかった私が「再生」するまで』(イーストプレス、2017)や、その姉妹編の『わたしはなにも悪くない』(晶文社、2019)『生きながら十代に葬られ』(イーストプレス、2019)は、タイトルの秀抜さ卓抜さだけでも、読者の心をつかむのに十分なインパクトがある。

 酒乱の父による虐待に、子どもの希望する進路を頑強に否定する両親。短大卒業後の就職氷河期にやっとありついた仕事はエロ漫画出版社の編集だった。給与は手取り12万円。生活苦に疲れ服薬自殺を図ったが死にきれず、病院退院後は精神病院に直行。生活保護を受けることになったが、ケースワーカーは生活保護受給者を蔑むだけ。何度も自殺未遂を繰り返す日々。

 子ども時代に虐待を受けると、成人後もそのトラウマに悩まされる。被害妄想や孤立感に苦しむ。信頼できる人間関係を求めるあまり、人間関係を維持するのに適切な距離感を持てない。ただでさえ孤独なのに、一層に孤独になる。

 やっと虐待から抜け出した先に待っていたのは、幸福ではなく、矛先のない怒りと虚しさである。「どうして私が、このような人生を送らねばならないのか」と自分に問い続けても、答えは出ない。その苦しさを口に出せば、いつまで甘えているのか、過ぎたことにこだわりすぎるとか批判される。