ビートたけし(北野武)が73歳で再婚していた! というニュースがスポーツニッポンにより報じられておりました。

 「何してんだよ」と思います。
 ビートたけし、本格的にボケてるんじゃないの。

 ビートたけしの出ている「情報7days」とか、他人の不倫、事故、不幸ネタとかさんざん面白おかしく伝えておいて、肝心のビートたけし本人の7年越しの不倫略奪愛とかどう報じるつもりなんですかね?

 基本的に、大の大人が不倫した、離婚した、結婚したというのは、本当にどうでもいいことなんですよね。自分は不倫しない、家族を悲しませたくないという気持ちを持っていても、ゆきずりの恋に落ちたり、魔が差したり、抑えきれない性欲がほとばしった! というのは人間の性(さが)である以上は、男女間のトラブルは世界中のあちこちであります。当たり前だ。

 たけし再婚、お相手A子さんは著書に登場18歳年下「オネーチャン」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 最近になって、その再婚相手である後妻さんがビートたけしの「東京スポーツ映画大賞」の中止を通告したとかいうニュースが出ていました。

 ビートたけし「断交」通告で東スポ映画大賞が中止に

 記事の内容が正しければ、ビートたけしのマネジメントに乗り出したこの再婚相手の後妻さんが「ビートたけしに100万円の手渡しギャラでは少ない」って通告したことになってます。東京スポーツはもっと怒っていいでしょ。ジジイ、いい加減目を覚ませって。

 ただ、芸能ニュースというのは世間の注目をおおいに集めることを仕事にしている等身大の人間が、吹っ飛んだ理性に垂れ流す下半身と、動き出すおカネの大きさを一般人に見せつけながら激しくやらかすからこそ話題になる。ニュースになるわけですよ。

 ニュースになるのはみんな気になるからですよね。見に行くからニュースになるし、媒体さんも読者さんが見に来るだろうからニュースにする。そこには、不倫をする綺麗な男女、金持ち爺さん婆さんが、人間をむき出しにし、醜態をさらして大騒ぎになる。

 東出昌大の不倫ニュースなんかは典型で、父・渡辺謙の奔放な性に辟易した娘・杏が、父子間の確執をこじらせ、家を飛び出す。何という伏線。そこへ、東出昌大との出会いと結婚、誰もがうらやむ環境で、芸能人夫妻として東出昌大も杏も成功して、おおいに露出し、夫婦として、役者として地位を築くのです。

 しかし、東出昌大はヤバい下半身だった。双子に恵まれ、さらに第三子を懐妊した杏を家に置き、3年以上にわたる若手女優の唐田えりかとの不倫を続行。そして、壮大にバレて大スキャンダルへと発展していきます。

 これほど読み手の感情を掻き立てるものは何か。知名度抜群の成功した芸能人夫婦、渡辺謙のような大物が家族にあり、杏は子育てと妊娠で身動きが取れず、そこへ東出昌大が悶絶するほどクズな不倫をする。つまりは、築き上げてきた金ぴかの巨塔が、制御不能のちんぽこ一本で基礎工事のコンクリからすべて大崩壊するプロセスを見て、みなが怒り、悲しみ、同情し、この不倫から導き出される臨場感たっぷりのニュースの一挙手一投足を見守っているんですよ。

 そして、これは見る者すべての人生において、最高にどうでもいい物件です。

 超どうでもいい。