【【東海S】【AJCC】大予想!昨年の勝ち馬・インティが買えない理由】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

【東海S】【AJCC】大予想!昨年の勝ち馬・インティが買えない理由

【東海S】馬にも “イップス” あり? 【AJCC】攻略の決め手は騎手!

今回の重賞予想は26日(日)に行われる京都と中山のメイン【東海S ダート1800m 】【AJCC 芝2200m】を取り上げる。征木由基人氏の結論ははたして……?

■みやこSの敗戦がトラウマとなるインティに黄信号

 

 厩舎、騎手の分析を中心としたバランス予想で、定職には就かずに馬券だけで生活している生粋のギャンブラー・征木由基人氏に、東海SAJCC的中に向けてのヒントをもらった。


 皆さん、こんにちは。征木由起人です。

今週は26日(日)に京都で東海S中山ではAJCCが行われます。

 まずは東海Sから予想していきましょう。

 このレースは施行時期や距離がコロコロ変わった有名なレースで、レースの性格を見極めるのが難しいのが特徴。しかし、2014年に現在の条件に固定されてからは、2月に行われるフェブラリーSのステップレースとして定着しました。

 しかし、今年は京都競馬場改修工事に入る関係で番組スケジュール上、例年の中京競馬場ではなく、京都競馬場で施行されることになりました。

 そんなイレギュラー開催になるわけですから予想も一筋縄ではいきません。そのあたりを加味しながら予想していこうと思います。

 まずポイントになるのは、昨年の勝ち馬インティの存在です。しかし前述したように、今回はコースが異なるため、ディフェンディングチャンピオンの利は、まったくといってナイと考えます。しかし、もともと京都でも圧勝した経験があり、フェブラリーS連覇を狙う陣営としては当然の参戦と言えるでしょう。

 だからこそ、ギリギリまで川崎記念と両睨みでローテーションを決めきれなかった陣営に疑問を感じます。そこにはやっぱり、昨年15着と大敗したみやこSの忌まわしい記憶があるのでしょう。たしかにあの時は異常なまでのハイペースに巻き込まれ、完全に他の15頭にケンカを売られ続けたような競馬。度外視して考えることもできるのですが、その時の1、2着馬が(4着馬)今回もまた一緒に出走しているのは嫌な材料。

 そこまでハイペースにならなくても、馬にとっては苦しい記憶が植え付けられたのは間違いなく、ここはペースに関係になく危険な人気馬と判断しました。もちろん、その後のチャンピオンSで3着に頑張っているのですから、能力に陰りがあるとは思いません。とにかく人気とのバランスが悪いという観点からの予想です。

 変わって注目したいのがスマハマです。前述したみやこSでダイレクトにインティを潰しにいった逃げ馬の1頭。インティを軽視する人の大半が、みやこSの再現と予想して、差し馬に手が出そうになりますが、私のインティ敗北予想の源は “馬が嫌な記憶によって苦しむ” という見解。そのため、わざわざ、不利とされる京都ダートの差し馬から買う必要はなく、インティを除いた先行馬も十分に狙えるという見立てです。

 実際、みやこSでも9着とはいえ、インティには大きく先着。地力の高さは証明されています。インティが早々に脱落すれば、余裕をもって4コーナーを回って来れるのは有利でしょう。

次のページ【AJCC】攻略のポイントは?

KEYWORDS:

征木由基人(まさき・ゆきと)

小さい頃から競馬場が動物園代わりで毎週のように父へ連れられて東京競馬場へ。まだ30代だが90年代の競馬にインスパイアされており、厩舎&騎手の勝負パターンに精通している馬券師。JRAだけではなく地方競馬にも精通している根っからの競馬好き。データだけではなく人間の思惑などを取り入れた予想手法はAI系全盛時代の予想術に一石を投じることになるだろう。現在「netkeiba」の『ウマい馬券』でも予想家として活躍中。

 

競馬最強の法則

 

オススメ記事

競馬最強の法則 編集部

この著者の記事一覧