多くの薄毛難民たちが、薄毛治療に関する情報の波に溺れ、混乱している。
育毛薬に効果はあるのか? 植毛の費用はどれくらいかかるのか? 自毛植毛の手術ではメスを使うのか? 効果はいつ頃から感じられるのか?
彼らからの切実かつ様々な問いについて、『薄毛革命』(幻冬舎)の著者であり、自毛植毛3000症例の実績を持つ「親和クリニック」総院長・音田正光先生に話を聞いてきた。

■その薄毛対策…あなたに合っていますか?

 「毛深い人は薄毛になりやすい」
 「ワカメを食べると髪が増える」
 「帽子をかぶるとハゲる」
 「シャンプーより石けんで洗う方が良い」
 etc…

 今も昔も髪にまつわる噂や都市伝説は枚挙にいとまがない。しかし、これらにはいずれもエビデンス(医学的根拠)はなく、ただの迷信に過ぎないと音田先生(以下「音田氏」と記載)は語る。
 また、「AGA」という言葉が一般化するにつれて、「薄毛に効果がある」とされる様々な商品、サービス、治療法が多数存在するようになった。しかし、その効果や対象、コストに関する情報が多すぎるため、結果として薄毛に悩む人(=薄毛難民)たちを惑わしているというのが実情だろう。

 たとえば、薄毛を気にしはじめた多くの人が手にする、比較的安価な「育毛、発毛効果のあるシャンプー」について。音田氏は『健やかな頭皮環境を整えることは大切ですが、頭皮の外側からのアプローチで髪の生物学的性質が変わることはありません』と言う。
 同じくその手軽さから人気の「育毛剤」については『予防・防止には一定の効果はあります。ただし、効果については個人差がありますし、何より「継続し続けなければならない」ことはランニングコストの面でも知っておくべきです』とアドバイスをくれた。

 ほかにも薄毛難民の周辺には多くの商品や治療法が存在している。

 「隠す」方法として代表的な「増毛パウダー」については『手軽ですし、軽度なAGAには有効だと思います。しかし、ある程度進行したAGAの場合は…どうしても不自然に見えてしまいますよね。パウダーを使っていること自体が「バレ」を意識した心理的なストレスになってしまう方も多いんです』とのこと。

 「増やす」方向では、「増毛」が挙げられるが、これはどうだろう?

 『カツラに頼ることなく増毛感を得られるのがメリットでしょう。ただし、そもそも毛髪がなければ結び付けることはできませんし、元の髪の毛が伸びてくれば、メンテナンス費用が必要になります。それに、抜け毛で落ちた髪の毛も不自然に見えてしまうので、日常生活でも気を使うと思います』。

 このように、それぞれの効果やデメリットを理解した上で、自分の状態や目的に合った対応をすれば良いのだが、残念ながら、進行性であるAGAにおいてはいずれも根本的な解決法とはいえない
 また、コストがかかり続けるという問題も、特に若い方にとっては無視できるものではないだろう。
 

次のページ 「隠す」「増やす」とは異なるベクトル「生やす」という自毛植毛