ライター、編集者、クリエイティブディレクター、撮影コーディネーターなどの肩書きを持つ筆者・小林久乃。本人が「幼少期からドラマオタクだ」と豪語するほど愛するテレビドラマの見どころについて語る連載、今回は特別企画。2019年で彼女が「面白かった」と推す、ベスト5作品。第5〜3位はこちら。さて、第1位の座に輝くのは?
※筆者個人の主観による選出ですので、各テレビ局等は関係ありません。 

2位 フルーツ宅配便

主演・濱田岳 2019年1〜3月放送 テレビ東京

<あらすじ>

“東京の仕事を辞めて、地元に戻った咲田真一(濱田)。知人のミスジ(松尾スズキ)に誘われてデリバリーヘルス『フルーツ宅配便』の店長見習いとして勤務することになる。ヘルス嬢たち、そして客も含めた全員がワケありというハードな環境で咲田は何を掴むのか。”

 テレ東が制作する深夜ドラマのファンである。オーソドックスな作品もあるけれど、こんな表現規制が厳しくなってきた時代に、ぶっ込んだテーマを取り扱うことが多い。『フルーツ宅配便』もそのひとつだ。舞台は、まさかのデリヘル。もうその勇気だけでも称えたくなる。

 毎回ゲスト役の抱えたものが多すぎて、まるで『ノンフィクション』(フジテレビ系)を見ているかのような錯覚に陥った。客にはクレーマー、真面目さゆえにデリヘル嬢に恋してしまう老人。覚醒剤をやめて、息子のために働いていたのに交通事故を起こして借金苦、またクスリに手を出してしまうデリヘル嬢。私たちの日常にはない世界だからこそ、物悲しさも教えてくれた。

「私がさ、なんかどっかで努力していたら、人生変わっていたのかな。人生って努力でどうにかなるものなのかな」

 そんな内容に一滴のオアシスになっていたのが主演の濱田岳さん。彼という中和剤がなかったら、このドラマは重すぎて観ることができなかったかもしれない。松尾スズキさんの風俗業なのに、軽さを見せつけてくる存在もお見事。さすがのキャスティング力も合わせて、やっぱりテレ東の深夜ドラマは最高だ。これからも日本の倫理ギリギリのところに向かって行ってほしい。