ライター、編集者、クリエイティブディレクター、撮影コーディネーターなどの肩書きを持つ筆者・小林久乃。本人が「幼少期からドラマオタクだ」と豪語するほど愛するテレビドラマの見どころについて語る連載、今回は特別企画。2019年で彼女が「面白かった」と推す、ベスト5作品を2回に渡って発表する。あなたが好きだった作品はさて、何位に? まずは第5位から3位までを紹介。
※筆者個人の主観による選出ですので、各テレビ局等は関係ありません。

 

5位 『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』

主演・菅田将暉 2019年1〜3月放送 日本テレビ

<あらすじ>

“高校教師・柊一颯(菅田)は担任を受け持つ3年A組の生徒を人質にして、教室に監禁する。それもナイフ、銃、爆弾を使い、警察組織に侵入をさせないシステムも導入……。さらに運動神経の長けた一颯に生徒は腕力で太刀打ちすることもできない。教室から一歩も逃げることもできない29名の生徒の安否は? そして一颯が事件を起こした本来の目的は一体……?”

 今年は大好きな学園ドラマが豊作だった。『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―(以下、3年A組略)』以外にも、ゲイで女装家の教師が主役の『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系)も面白かった。一颯が事件を起こした理由は自ら命を落としてしまったクラスメイト・景山澪奈がひとつのきっかけ。起きてはならない事件の原因を自分たちで考えろと、ひたすら訴え続けていた。暴力的なシーンもあり、サイコパスのように見えることもあったけれど、その後ろには淀むことのない生徒への愛情が流れていたと考えると、じんわりと涙が溢れてくる。

 これは私の予想だけど、一颯が全編を通して伝えたかったのは“真実を知ること”の重要性ではないかと思う。最終回に彼が屋上からダイブする前にも言っていた。

「おまえらネットの何千、何万という悪にまみれたナイフで、何度も、何度も刺されて景山澪奈の心が殺されたんだよ。おまえのストレスの発散で他人の心をえぐるなよ、分かるだろ? 俺の言いたいこと!」

 これである。SNSという有象無象の世界のことを信用しすぎて、自分の目や手で真実を知ろうとしない現代人。私もその節があることは否めない。そんな人たちへ、警鐘がずっと鳴らされていた作品だ。

 いや『3年A組』も『俺スカ』も新しい形の金八先生だ。迷いのない教師の姿勢が訴求してくるものは大きい。余談だけど、この日テレ2作品、先生が二人とも病弱だったね。

次のページ 4位は…