■EXILEに三代目、「LDH」は銀蝿一家、それとも石原軍団か。

 GENERATIONS from EXILE TRIBEの「紅白」初出場が決まった。また、同じく「LDHJAPAN」に所属する三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEは去年までに7回、EXILEは18年までに12回、それぞれ出場している。さらに、日本レコード大賞では、EXILEが4回、三代目が2回、それぞれ大賞に輝いた。

 とまあ、この「LDH」一派はジャニーズやAKB&坂道系と並び、現在の音楽シーンにおける一大勢力である。ただ、これほど好悪や興味のあるなしが分かれる存在も珍しい。かく言う筆者も、好きというわけではないが、時々面白いなぁと思う。たとえば、こんな話に遭遇したときだ。

「『ダウンタウンDX』にAKIRA。『EXILEの飲み会では、途中で服を破り捨て、白いタンクトップ姿で筋肉チェックをするのがお約束』らしい。もし生まれ変わってダンスの才能に恵まれても、このグループには入りたくありません」

 今から8年前、雑誌「テレビブロス」に掲載された文章だ。じつは、書いたのは筆者自身で、このとき初めて彼らの面白さに気づいた。それはかつて、横浜銀蝿を中心とする銀蝿一家に感じていたのと同じものだ。ちなみに、横浜銀蝿の正式名称は、THE CRAZY RIDER 横浜銀蝿 ROLLING SPECIAL。このあたりのネーミングセンスも、LDHに通じるものがある。

 そして何より、最大の共通点は、商売上手なところだ。どちらもツッパリやヤンキーといった「やんちゃ」というものの大衆ウケをよくわかっていて、芸能に活かした。たとえば、銀蝿一家のヒット曲の多くは、ロックンロールに擬態したコミックソングである。やんちゃを笑いに変換することで、愛すべきにくめなさをかもしだしていたわけだ。

 その点、LDHはあくまでかっこよさが売りだが、関口メンディーのキャラや前出の飲み会エピソードなどで笑わせることも忘れてはいない。三代目が代表作「R.Y.U.S.E.I.」で流行らせたランニングマンダンスも、日本中のやんちゃな人たちが喜んで真似しそうな、マヌケすれすれのかっこよさである。

次のページ もっとも、商売上手という意味において