韓国の場合、日本の芸能界と比べて現役芸能人の自殺が圧倒的に多い。…。(『韓流アイドルの深い闇』著/金山 勲より

■韓国人には精神疾患が多いというデータ

 『冬のソナタ』にも出演していたパク・ヨンハ、『火の鳥』に出演していたイ・ウンジル、チェ・ミンシクなど、一瞬の煌めきを残して、自らの意思でこの世を去った韓流スターたち。

 この数年に限らず、韓国芸能人の自殺率の高さには、日本人の感覚からすれば、信じ難い状況だろう。

 2010年7月、ニューヨークに本部を置く中国系の「大紀元時報」では、韓国芸能界のこの現象について、延世大学行政大学院に在籍する韓国女優・朴辰姫さんが書いた、「韓国芸能界の自殺問題に関する学問的研究」を紹介している。

 論文では、調査対象になった260名の韓国芸能人のうち、40パーセントが軽度あるいは深刻なうつ病を患っており、40パーセント以上が自殺する傾向にあったと指摘しているという。

 事実、韓国芸能人の自殺原因として、精神疾患でも特にうつ病が取りざたされることが多い。

 この現象は芸能人だけに留まらず、2017年4月に韓国保健福祉部が発表した「二〇一六年の精神疾患に関する実態調査」の結果によると、韓国の成人が一度以上精神疾患を患ったことがある割合を表す「精神疾患生涯有病率」では
25・4パーセントというのだ。男性が28・8パーセントで、女性が21・9パーセントだという。

 直近の1年間に精神疾患を患った人の割合でも11・9パーセントで、約470万人が心の健康に問題があったと推計されている。うつ病の生涯有病率は5パーセントで、女性が男性の2倍以上とされる。不安と恐怖により、日常生活に支障が出る不安障害の生涯有病率は、男性より女性が高いという結果だ。

 ちなみに、厚生労働省の調査によると、日本の精神疾患の患者数は、2014年の調査で約392万4000人。韓国の精神疾患者数がいかに多いかわかるだろう。

 うつ病の多さに伴い、韓国では自殺率も高い。経済協力開発機構(OECD)加盟国中で、韓国の自殺率は2003年から2016年までの13年間連続で上位にランクされるワースト記録を持っている。

 韓国統計庁の資料によると、2016年の自殺者は1万3092人で1日平均36人。40分に1人が自殺する計算になっている。

 この数字はOECD加盟国の平均12・1人に比べ、2・4倍に相当しており、日本の17・6人に比べてはるかに多い。

 2016年の韓国警察庁の資料によると、自殺の原因についても、1位はやはり精神的問題(36・2パーセント)となっている。韓国での自殺は交通事故による死亡率の2・5倍だ。

 こうした社会的背景がある韓国で、一般人よりも華やかで、目立つ存在の芸能人は、よほどに強靱な精神の持ち主でなければ生き抜いていけないようだ。

 多くの業界関係者や、芸能ジャーナリストなどが言うのは、韓国の芸能人たちは経済的なプレッシャーや、世論の圧力に耐えなければならず、常に緊張を強いられる精神状態にあるという。