衝撃だったク・ハラの死…。(『韓流アイドルの深い闇』著/金山 勲より

■ストレスを発散できない韓国のタレントたち

 韓国の芸能界の特徴としては、経済的なプレッシャーだけでなく、世論からの批判も彼らを苦境に追い込んでいることが挙げられる。

 小さな誤りでもメディアで大げさに報道され、これを受けてネット上での激しい誹謗中傷が拡散し、苦境に追い込まれて自らの命を絶つ例も多いのだ。

 加えて、それが家族のことにまでおよび、家族全体のプライバシーまでもネットで暴露されてしまうこともある。

 こうなると、本人が芸能人であるために家族へ迷惑をかけ、家族に対して申し訳が立たないという儒教的な価値観に陥る場合も少なからずあり、本人を心理的に追い詰めてしまうようだ。

 先に挙げた、「大紀元時報」の記事によると、江北サムスン病院精神科医のシン・ヨンチョル教授は、韓国芸能人の自殺について、発散しにくい世論からのプレッシャーが大きな原因となっているとしている。

 韓国のタレントたちは、ストレスを発散する空間がなく、いたる所でインターネットに監視されていて、ネット上で広がるデマもタレントに大きな精神的ストレスを与えているという。このような社会で、タレントたちの自由な空間は非常に狭いと、彼らは実感しているはずだと言う。

 教授の言う典型的な例として、2007年2月に俳優イ・ガンヒ宅で首吊り自殺した、同じ事務所の女優チョン・ダビンを挙げている。

 同じ名で子役から多くのドラマに出演している女優もいるので混同しやすいが、彼女は愛嬌のある笑顔で「隣の女の子」といった親しみやすいイメージで広く愛されていた。

 所属事務所と契約をめぐるトラブルや、仕事の減少などで悩んでいたとされるが、ネットに書き込まれた悪意ある誹謗中傷に苦しんでいたともされている。

 自殺前日の彼女のウェブサイトの日記には「神が私を迎えに来た」とあり、弔問に訪れた多くの共演者たちも、他人事ではないという気持ちではなかっただろうか。

 さらに話はこれだけで終わらない。チョン・ダビンはトップスターとして活躍する女優チェ・ジンシルの少女時代を描いた2000年公開の映画『燃ゆる月』に、チェ・ジンシル役で出演したが、その国民的スターだったチェ・ジンシルも、2008年10月に首吊り自殺したのである。彼女は前日にCMの撮影をし、次回作ドラマの打ち合わせをしておきながら、ネット上の悪質なデマに勝てず、浴室で自殺してしまった。

 欧米社会では、芸能人のプライベートや過ちなどは、犯罪的なことでなければ寛容に受け止め、過ち自体もエンターテイメントの一部として受け入れる素地もある。しかし韓国ではそれが誹謗中傷のネタとなるのだ。

 ハン・ソヒは一審で懲役3年、執行猶予4年、保護観察120時間、追徴金87万ウォンの刑が宣告された。彼女はこの判決を不服として控訴したが、その後控訴を取り下げ刑が確定した。

 ハン・ソヒの罪がトップより重かったのは、大麻の吸引回数が多いことや、ほかの薬物にも手を出していたことが判明したからだ。