11月10日は「いい手の日=ハンドクリームの日」
今シーズンのハンドケアをスタート!

★いい手の日=ハンドクリームの日とは?★

例年、東京での最低気温が10℃を下回るのが11月10日前後であることから「いい手の日=ハンドクリームの日」としてユースキン製薬が記念日協会に登録し制定したものです。最低気温が10℃を下回ると大気の乾燥がはじまり、皮膚の乾燥も感じやすくなります。ビタミンE配合のハンドクリームを使ったハンドマッサージは、お肌がうるおうだけでなく、マッサージ効果で冷えの予防にもつながります。

■ハンドクリームの「選び方」​
ハンドクリームにはさまざまな種類がありますが、症状に合わせて選ぶことが重要です。ひびやあかぎれの手あれがあり、冷えを感じる方には、ビタミンE配合のハンドクリームがおすすめです。水分や油分を補給する保湿効果に優
れ、血行を改善します。

ハンドクリームの効果的な使い分け

■ハンドクリームの「塗り方」​
効果感を得るためには、塗り方も重要です。日中はなかなかこまめにケアができない時は、夜寝る前の集中ケアがおすすめです。

①症状の改善効果を得るためのクリームを使う「タイミング」
おすすめは就寝前のハンドケアです。寝ながら集中ケアができて効果を実感できます。

②最初の3日はクリームの「量」を意識する。関節1つ分が目安
ひとさし指第一関節分を両手に塗ります。症状が気になる部分は重ねづけをします。部位によって使用量を変えてください。就寝前には手袋を着用すれば、べたつきが気にならず浸透も高まります。最初の3日は使う量を意識し、症
状が改善されればその後はいつも通りの使用量で大丈夫です。

③ビタミン系ハンドクリームを使った肌荒れと冷えを予防する「ハンドマッサージ」
血行を改善するビタミン系ハンドクリームを使用する時、同時にハンドマッサージをすることが有効です。マッサージをすることで塗りムラがなく、ハンドクリームの効果をより高めることができます。さらに末端の血流の改善に役
立ち、冷えの予防につながります。

ビタミン系ハンドクリームで冷えも予防
手あれの重症化を防ぐ毎日のハンドマッサージ