先日の「即位礼正殿の儀」は、日本中を祝賀ムードに染め、改めて新時代到来を感じさせた。
 幕末、新時代を迎える際、日本は激動のなかにいた。そんな中、烏合の衆をまとめあげ、洗練された剣客集団・新選組として動かした男・近藤勇。そんな新選組局長を務めた男の魅力について、本稿では迫っていく。(『明治維新に不都合な「新選組」の真実』吉岡孝 著[はじめに]より

■新選組局長「近藤勇」の魅力とは――

「甲州勝沼駅ニ於テ近藤勇驍勇之図」<こうしゅうかつぬまえきにおいてこんどういさみぎょうゆうのず>(部分)(東京大学史料編纂所所蔵)

 幕末維新は多くの魅力ある英雄を生んだ。たとえば西郷隆盛(さいごう たかもり)の魅力は、いくたびもの政治的挫折によって培われた強きょう靱じ んな忍耐力だろう。高杉晋作(たかすぎ しんさく)の魅力は、育ちの良さからくる奔放でわがままなまでの行動力。坂本龍馬(さかもと りょうま) は、誰もが魅了されたその交渉能力であろう。

 では、近藤勇(こんどう いさみ)の魅力とは、なんであろうか。新選組(しんせんぐみ)局長である近藤は、時代劇や歴史小説でもよく取り上げられる人物だが、その姿をたとえていうなら「幕末のゴジラ」である。

 何の理想も持たず、何の政治性もなく、ただ暴れ回るだけの男。

 しかし、このようなイメージくらい、近藤の実像とかけ離れているものはない。近藤の魅力は政治に対して見識を有し、そこからいま自分がここで果たさなければならない役割を鮮明に理解し、それに適応した組織を作り上げたということである。

 たとえば、近藤が文久(ぶんきゅう)3年(1863)7月に、おそらく会津藩に提出した思われる建白書を見ると、「大坂城に御三家クラスの大大名を配置」するように主張しているこれは帝都(京都)防衛のためである。文久3年は、浪士組(ろうしぐみ)として2月に上洛した近藤たちが、そのまま京都に残留して、3月に新選組(結成当初は「壬生浪士組(みぶろうしぐみ)」と呼ばれることが多い)を結成した年である。また、この年の5月には、攘夷(じょうい) にはやる長州(ちょうしゅう)藩が下関海峡で欧米の「黒船」に砲弾を浴びせ、7月には薩摩(さつま)藩とイギリスが薩英戦争を行っている。