■高橋ひかるの休業でざわつく、スレンダー芸能人のダイエット&健康事情

高橋ひかる

 18歳の女優・高橋ひかるのドラマ降板と休業が発表された。所属するオスカープロモーションによれば、

「9月後半、本人が体調不良を訴え、病院にて医師の診断を受けた結果、年内の間、全てのお仕事を休養し体調回復に努め静養するように言われました。本人といたしましては出来る限りご迷惑をかけないよう出演を希望していたのですが、お医者様の診断もあり事務所、本人、お医者様で協議した結果、全てのお仕事を休業することに致しました」

 とのこと。ドラマ「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」は代役を立てて撮り直されることになり、ネットニュースのリプ欄もかなりざわついた。

 病名が「自律神経の乱れ」と報じられたことから「なったことあるけどきついんだよな」「急に動悸が激しくなって呼吸が苦しくなる」「どんなに肉体的に疲れていても寝れない」などの声もあったが、目立ったのはその体型と体調不良とを結びつけるものだ。

「痩せ過ぎです、あんなに細かったら普通の仕事だって務まらない」「とてもほっそりした方なので体力的に辛かったんでしょうか」「もうナイススタイルの範疇じゃないよ、見てると心配しか出来ないよ」

 ちなみに、高橋の身長は167センチで、体重は公表されていないが、病的な細さではない。むしろ、多くの女性が憧れ、多くの男性が好むものである。国民的美少女コンテストでグランプリを受賞し、芸能界入りした12歳の頃から痩せ型で、最近急に痩せたわけでもなかった。ただ、インタビューでは「もともと体も丈夫じゃない私は、体調管理も(お母さんに)任せっぱなし」と語っており、今回の体調不良も「丈夫じゃない」ところが出てしまったのだろう。

 その体型についても、別のインタビューで、

「私は食べることが大好きなので、やっぱり体重とかは気にしますね。体重自体はそれほど変動はないんですけど、顔に肉がつきやすいタイプなんです。だから、顔つきがちょっと変わってきたなと思ったら、さつまいもを食べるというダイエットをします」

 と、明かしている。「さつまいもって腹持ちもいいし、しかもちょっと甘いから、スイーツ感覚で食べられる」ことから、

「朝ゴハンをさつまいもとパンとかにして、お昼はサラダとか、ヘルシーなものを自分で作ったりとか。夜はなるべく炭水化物は避けて、お肉や魚でたんぱく質を摂るようにしたり」

 しているという。モデル活動もしている彼女にとっては、当然の努力でもある。

次のページ 記憶に新しいのは、桐谷美玲