10月17日に行われる2019年プロ野球ドラフト会議。今年は佐々木朗希(大船渡)、奥川恭伸(星稜)、森下暢仁(明大)らを筆頭に、好選手が揃う。このコラムでは、12球団の今季の成績や、選手層を分析し、各球団が獲得すべき選手を考えてみた。最終回はパ・リーグAクラスの西武、ソフトバンク、楽天の3チームを見ていきたい。

 

 

▼東北楽天ゴールデンイーグルス​

◎佐々木朗希(大船渡)​

〇村西良太(近大)​

△郡司裕也(慶大)​

 71勝68敗、パ・リーグ2位の614得点、チーム防御率3.74とディフェンス面で好成績を残し、3位に食い込んだ楽天。614得点も同3位と、全体的にバランスが取れていた。

 投手陣では美馬学が規定投球回に到達、石橋良太や辛島航らも奮闘を見せた。守護神・松井祐樹、森原康平、青山浩二らリリーフ陣も揃って60試合以上に登板し、好成績を残したが、則本昂大、岸孝之のダブルエースはシーズンを通して活躍はできなかった。野手陣では新加入の浅村栄斗、茂木栄五郎、銀次、島内宏明ら二十代後半の選手たちが活躍。しかし、捕手が固定できなかった上に、長くチームの要を務めた嶋基宏の退団など、不安点要素もある。

 チーム名にも「東北」が入れられている楽天だけに、今年1番獲得したいのは、令和の怪物・佐々木だろう。これまでのドラフトでも次々とその年の高校No.1投手を獲得してきた実績もあり、地元・東北出身の163キロ右腕は、競合必至も、ぜひとも名乗りを挙げたいところ。次いで、即戦力候補の投手としておすすめしたいのが村西。右サイドから繰り出す直球の最速は152キロで、高い奪三振率を誇る投手だ。さらに、嶋の抜けた穴を担う存在として、地元・仙台育英出身の捕手・郡司を獲得も推したい。東京六大学で成長した姿を地元ファンの前で披露してくれるだろう。