「80歳超で現役」の医学博士の志賀貢先生が、人間の性に関するデータを駆使。人生百年時代ーー。高齢になっても性欲や色気を持続されるこつを食事の面からアドバイスする。今回はコレステロールの重要さについて解説。(『男を強くする!食事革命』より引用)

■弱った精力はスルメのコレステロールに頼れ

 

 意外に思われる人が多いかもしれませんが、色々な食品の中で最もコレステロールの含有量が高いのは、実はスルメなのです。スルメ50gには、なんと490㎎のコレステロールが含まれています。その量の多さは、鶏卵と比べてみても、いかに多いかがわかるはずです。

 また、乾物になる前のイカそのものにも、コレステロールが多量に含まれています。生イカ80gに約216㎎含まれています。これを乾物にしたスルメには当然のことながら、よりたくさんのコレステロールが含まれているわけです。

 よく日本男子のペニスは、欧米の男子に比べて非常に硬度が強いと言われます。サイズに関しては体格が違いますから、欧米人には敵わないのですが、その硬さという点では、日本男子はひょっとしたら世界一かもしれません。

 ペニスそのものは、3つの海綿体でできています。その海綿体に血液が流れ込んで勃起現象が起きるのですが、その勃起力に関して言えば、日本男子の食生活が大きくものを言っていそうなのです。

 とくに、イカを始めとする魚介類を食することは、男性性器や精液の製造に関して、非常に理想的な栄養成分の摂取を、無意識の内に行っているような気がしてならないのです。

 歌に、酒の肴は炙ったイカでいいとある通り、今後も酒の肴はコレステロールのたっぷりと含まれた、炙ったスルメイカやイカの刺身を食べると良いかもしれません。

 酒の肴と言えば、和食の場合は実にその種類が豊富です。季節に応じて色々な食材が酒飲みを楽しませてくれます。そうした食材の中にも、コレステロールが非常に多く含まれたものがあるのです。

 食通の酒飲みが、舌鼓を打たずにはいられないアンコウの肝20gには112㎎、北陸の珍味であるホタルイカ30gには114㎎、ししゃも60gに138㎎、わかさぎ80gに168㎎、含まれています。

 このように海に囲まれた我が国では本当に食材が豊富で、我々の舌を楽しませてくれます。そうした食材を、あまり好き嫌いせずに季節ごとに楽しんで食べているうちに、いつのまにかペニスの硬度が世界一になるのですから、こんな幸せなことはありません。

 それともう一つ、日本人の食生活で忘れてはならないのは、うなぎです。一串100g対して230㎎のコレステロールが含まれています。これは、鶏卵に次いで多く含まれていると言えます。そのため、うなぎもコレステロールの有力な供給源になります。

 ただ、昨今の漁獲高の影響が非常に心配になります。何とかして、この貴重な資源を日本男子の精力を維持するためにも、潤沢に供給されるよう、しっかりと資源確保をしたいものです。