令和元年度の自衛隊観艦式に先がけて開催中の「FLEET WEEK(フリートウィーク)2019」。10月5日、横浜会場のトークショーに『戦艦大和 建造秘録』の復刻改訂版が刊行されたばかりの大和研究第一人者、原勝洋氏が登壇した。
 テーマは『大和の何がスゴかったのか』。「大和」が世界に誇る日本の最高傑作たるゆえんとして氏が挙げる「大和の3つの世界一」とは?
 

①世界一の主砲 〜46センチ砲の脅威〜

「大和」は当時、世界で建造された戦艦の頂点であった。

 第2次世界大戦(太平洋戦争)に就役した戦艦数は80隻、主砲門数は744門に及んだが、その頂点に立ったのが「大和」「武蔵」に搭載された46cm(18・11インチ)砲である。
※1936年以降の新式戦艦29隻と1936年以前の旧式戦艦51隻計80隻となる。

「大和」「武蔵」に続く8種類の砲の口径は

 41cm砲……長門型戦艦「長門」「陸奥」16門
 40.6cm砲…米戦艦アイオワ級4隻を含め13隻、英国戦艦ネルソン級2隻
 38cm砲……ドイツ海軍ビスマルク級2隻ほか23隻
 36cm砲……24隻
 34cm砲……3隻
 32cm砲……4隻
 30cm砲……3隻
 28cm砲……2隻

となっていた。46cm砲がいかに巨砲であったか窺い知ることができる。

「大和」主砲の「限界」発射弾数である命数(砲身の寿命)は200発。これを超えると弾丸の弾道が狂ってくる。

 砲身は発射毎に発生する高熱ガスのために膅面(とうめん)を摩損し、毎回少しずつ精度を不良させる。さらに、施条(「大和」の場合72個)の摩耗量がある一定限度に達する時は、著しくその精度を不良にさせるだけでなく、あるいは膅発(砲身内での爆発)の原因となる。

 ちなみにこの限界に達したものを「命数に達した」といい、この限界に達するまでの射撃弾数をその砲の命数と称した。そこで傷ついた内筒だけを新しく交換する方法をとっていた。

次のページ 2つ目の世界一は「安定性」