10月17日に行われる2019年プロ野球ドラフト会議。今年は佐々木朗希(大船渡)、奥川恭伸(星稜)、森下暢仁(明大)らを筆頭に、好選手が揃う。このコラムでは、12球団の今季の成績や、選手層を分析し、各球団が獲得すべき選手を考えてみた。第1回はセ・リーグBクラスの3球団を見ていきたい。

「即戦力」との呼び声が高い、明治大学のエース・森下

▼東京ヤクルトスワローズ 

◎森下暢仁(明大)

〇宮川哲(東芝)

△水上桂(明石商)

 今シーズンの成績は59勝82敗で、5位中日から9ゲーム離れての最下位に沈んだヤクルト。セ・リーグ2位の656得点を挙げたものの、739失点はダントツの最下位だった(次に多いDeNAは611点)。

 打線は山田哲人を筆頭にバレンティンや、2年目にして大ブレイクを果たした村上宗隆など、破壊力十分。ドラフト2位ルーキーの中山翔太も5本塁打を放つなど、長距離砲の片鱗を見せた。しかし投手陣は小川泰弘が160イニング近くを投げたものの、5勝止まり。チーム最多の8勝を挙げたのはベテランの石川雅規だった。4年目の高橋奎二が成長著しいが、やはり先発投手陣の補強が急務だ。

 充実の打線に比べ、投手陣に不安が多いことから、最優先は即戦力投手と考え、明大のエース・森下を推したい。大分商時代からU-18日本代表に選出され、大学でもNo.1投手にまで成長した右腕は即戦力の呼び声も高い。本拠地神宮の星ということで、ファンの後押しも受けられるだろう。

 次いで、東芝の宮川は最速154キロを誇るパワーピッチャーだ。今季の公式戦での奪三振率も高く、固定できなかった抑えに抜擢しても面白い存在だ。3人目は、今夏甲子園を沸かせた明石商の捕手・水上だ。中村悠平が正捕手に君臨し、西田明央、松本直樹が出場を増やしているが、若手で期待の古賀優大はまだ一軍の戦力には至っていない。古賀と争わせ、捕手の底上げを図りたい。

次のページ 中日ドラゴンズ編