【結婚のハードルがみるみる下がる、男の「しょぼ婚」って?】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

結婚のハードルがみるみる下がる、男の「しょぼ婚」って?

「結婚したいのにできない」を脱して「等身大の結婚」に最短でたどり着く方法

いつかは結婚したいし子どももほしいが躊躇している男性は、従来型の結婚観に縛られていることが多い。経営コンサルタント、YouTuberであり自身も現在結婚して子育て中である、えらいてんちょう氏が上梓した『しょぼ婚のすすめ』には、そんな呪縛に捕らわれて年を取り手遅れになる前に、自分の身の丈にあった結婚をして今すぐ幸せな生活を始めるための新しい結婚観と知恵が詰まっている。

 生涯未婚率の上昇と少子化が止まらないと言われて久しい。しかし実際は「結婚はしたい。できたらその先に子どもがほしい」と思っている人が世の中にあふれている。なぜこんな矛盾が生まれたのか。

最大の原因は、経済的な不安を抱くことなく、条件のより良い相手と結婚したいというバブル的結婚観や、恋愛の末にゴールインするのが幸せという風潮に縛られて結婚のハードルが上がってしまったことであろう。

 

例えば、結婚相手に望む条件の代表格に「年収」があるが、20~30代未婚女性が結婚相手に求める最低年収は、400万円以上が半数超え(図中の赤枠内。20代は57.1%、30代は68%)という調査結果がある。

写真を拡大 明治安田生活福祉研究所・2016年3月調査「20~40代の恋愛と結婚」より
 

対して、該当する年収400万円以上の男性は20代で15.2%、30代でも37%にとどまる(図中の赤枠内)。現代日本においては20代の8割、30代の6割を占める、年収400万円未満のほうが多数派だ(図中の黄枠内)。

写真を拡大 明治安田生活福祉研究所・2016年3月調査「20~40代の恋愛と結婚」より
 

このままでは、大多数の男性が対象外となりマッチングしない。年収200~300万円の人たちが最多であるが、耐え忍んでいても何か一発逆転を狙っても、このご時世にいつか必ず年収が100万円も上がる保証はない。非正規社員、特に派遣社員は通勤定期代すら出ないのが当たり前なのに、時給アップで年収が100万円増えるなどほぼあり得ないだろう。

 

では、もう「詰んだ」と結婚を諦めるしかないのか?いや、むしろ逆である。年収その他の条件に縛られる古い結婚観を上書き削除し、自分にふさわしい相手を得て今すぐ結婚する「しょぼ婚」に注目が集まっているのだ。

 

「しょぼ婚」では、勝ち組でもリア充でもない現代の大多数を占める20代~30代が、ある意味、自分の中にある“しょぼさ”を認め肯定してあげることで、等身大の結婚に最短でたどり着けるという。

結婚希望者の大半がつまずく高いハードルも、挑む必要がないくらい次々下がっていくというのだが一体どういうことなのか?「しょぼ婚」の考え方のポイントをいくつか見ていこう。

次のページお金がない人ほど、早く結婚したほうがいい理由

KEYWORDS:

しょぼ婚のすすめ 恋人と結婚してはいけません!

著者:えらいてんちょう

 

Amazonで購入

『しょぼい起業で生きていく』(イースト・プレス社)がスマッシュヒットとなり、10万人の登録チャンネルの人気youtuberとして活躍中のえらてんこと矢内東紀氏が提唱するのが「しょぼい結婚」で通称「しょぼ婚」。

 「しょぼい起業」は「とりあえず食べていくこと」を目的としていましたが、「しょぼい結婚」は「とりあえず婚姻を成立させ継続すること、そして社会を成立させ発展させていくこと」を目的としています。結婚したい人は結婚した方がいいし、子供を産みたいなら産んだほうがいい。これは、金銭的にも税制的にも、リスク管理的にも、社会のありかたとしてもそうです。

 ちゃんとした職業についていないから、お金がないから、結婚にはまだ早いから、いいと思う相手に出会えないから。あなたがまだ結婚をしない理由はどれでしょうか? この本を読み終わったころには、これらの理由などどうでもよくなり、「そんなことを考えている間にさっさと結婚したほうがいい」「今すぐ結婚しよう」と思えてしまう本、それが『しょぼ婚のすすめ』です。

オススメ記事

えらいてんちょう

えらいてんちょう

経営コンサルタント、YouTuber、著作家、投資家

1990年12月30日生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。バーや塾の起業の経験から経営コンサルタント、YouTuber、著作家、投資家として活動中。



 



2015年10月にリサイクルショップを開店し、その後、知人が廃業させる予定だった学習塾を受け継ぎ軌道に乗せる。2016年には地元・池袋でイベントバー「エデン」を開店させ、事業を拡大。その「エデン」が若者の間で人気を呼び、日本全国で10店、海外に1店(バンコク)のフランチャイズ支店を展開。各地で話題となっている。



 



昨年12月には初著書『しょぼい起業で生きていく』(イースト・プレス)を発売し、ベストセラーに。朝日新聞ほか多くのニュースメディアで取り上げられたことで男性女性から幅広く支持されている。今回、本書のほか『しょぼ婚のすすめ』『ビジネスで勝つネットゲリラ戦【詳説】』『静止力 地元の名士になりなさい』と合わせてKKベストセラーズより3冊同時刊行。



 



YouTube「えらてんチャンネル」のチャンネル登録者数は約15万人(2019年7月現在)。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

しょぼ婚のすすめ 恋人と結婚してはいけません! (しょぼい自己啓発シリーズ)
しょぼ婚のすすめ 恋人と結婚してはいけません! (しょぼい自己啓発シリーズ)
  • えらいてんちょう(矢内東紀)
  • 2019.07.01