元ひきこもりで、自らのアスペルガーを克服し、立ち直った発達障害カウンセラー・吉濱ツトムさんは、2000人以上ものひきこもり者を治療してきた。ここでは、自らが経験した「生きづらさ」を語る。(吉濱ツトム著『今ひきこもりの君へおくる 踏み出す勇気』より)
 

■アルバイトでクビ9回─心が折れた

 いずれひきこもりとなっていく僕ですが、もともと働く気はあったのです。いえ、むしろ働きたくて、社会と関わりたくて仕方がなかったのです。

 僕はアルバイトで9種類の仕事を経験しました。そしてそのすべてが「クビ」でした。しかも、速攻でクビ(笑)。ケアレスミスは日常茶飯事ですが、その程度がフツーではありませんでした。

 クビになった理由を挙げてみます。

「それは当然でしょう!」というものばかりです。

● コンビニのバイトでは、100個仕入れるはずの商品を〝なぜか〟2000個も発注してしまう。しかも毎回です。

● ドラッグストアでは、商品を陳列する仕事でしたが、ただ陳列するだけのことができない。

● 清掃業務では、「掃除をする前よりも汚い」と言われる。

● 道路工事の現場では、通行車の誘導がうまくできず、あやうく事故を起こしそうになる。

● 牛丼店では、作業の優先順位をゆっくりと確認しながらやるのですが、僕の場合はスピードが異様に遅く、使い物にならず。

● コンサートの警備員をした時は、警備を忘れていつの間にかステージに見入ってしまう。

 当然ですが、それですべて即クビです。みなさん、どう思われますか。決してわざとではないし、やる気はあるのです。ただ、それができない。

 どうして僕はフツーのことができないのか―。

 僕の心は完全に折れてしまいました。

 なぜクビになってしまうのか、僕のどこに原因があったのかを気づくことができれば、策として「自分のトリセツ」を作り、必要以上に傷つくことはなく、以後、7年間も「ひきこもり」にならずに済んだのではないかと思うのです。

 やみくもに辛い経験など重ねずに、「自分にふさわしい仕事=居場所」を見極めていればよかったのです。

 そんな僕がいずれどうなっていったのか。僕は自信がないクセに、自信のない自分を認めると余計に辛くなるので「世の中が悪い」と現実逃避をするようになっていきました。

 反資本主義的な思想を自分に都合がいいように借りて、「人間の能力をカネで評価する資本主義をぶっつぶせ」、「働くことこそが諸悪の根源」などともっともらしい大義名分を立てていました。実にタチの悪い自己防衛です。

 でもそうすることでしか自分を保てなかったのです。

 この最悪の思考は、後に僕がひきこもりとなった時にエスカレートしていくことになります。

吉濱ツトムさん。