元ひきこもりで、自らのアスペルガーを克服し、立ち直った発達障害カウンセラー・吉濱ツトムさんは、2000人以上ものひきこもり者を治療してきた。ここでは、実際に向き合ったセッションの実例のひとつを紹介する。(吉濱ツトム著『今ひきこもりの君へおくる 踏み出す勇気』より)

■彼らは、いかにしてひきこもってしまったのか―。

 

 2016年9月に発表された内閣府の調査では、学校や仕事に行かず、半年以上自宅に閉じこもっている15〜39歳(若年層)のひきこもりの人は、全国の推計値で54万1000人と公表されました。そのうち約35%が7年以上のひきこもりです。

 また、ひきこもりになった年齢が20〜24歳が34・7%に上ります。

 さらに本年3月内閣府が公表した40〜64歳(中高年層)までの調査(内閣府政策統括官「生活状況に関する調査報告書」)では、61万3000人(40〜64歳人口:4235万人の1・45%)がひきこもりとの推計値が発表されました。

 単純に若年層のひきこもり推計値と合算して115万人超。

 僕は今までに2000人以上の「生きづらさ」を抱えた来談者と向き合ってその苦しみからいかに抜け出すかについて方法を提示してきました。特に昨今の来談者は、30代後半から40代後半の中高年の社会的ひきこもりの人たちが多いと実感しています。では、なぜ中高年にひきこもりが増えたのでしょうか。

 今40代のひきこもりの人たちはちょうど就職氷河期(93〜05年)とかぶっていると言えます。

 彼らは、いかにしてひきこもってしまったのか―。

 その経緯の中には、いくつもの問題点が見えてきます。しかし、実はその問題点の数々は、〝問題点〟ではなく〝気づくチャンス〟であったとも言い換えられます。

 これからお話しするひとつの実例は社会復帰への話であり、決して過去を振り返るものではありません。

 

【実例】
就職氷河期世代、200社もの就職に失敗、全滅からの自滅へ
(男性39歳/ひきこもり歴14年)

 Cさんは高校・大学も人並み以上のレベルの学校の出身です。しかしCさんは就職活動で苦労を強いられました。Cさんは2003年の新卒組です。つまり、「就職氷河期(93年〜05年)」のロスジェネ世代です。