【MMTを批判するエリートたちのどうしようもない愚民観】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

MMTを批判するエリートたちのどうしようもない愚民観

日本のMMTブームの仕掛け人・中野剛志(評論家)が緊急寄稿

■MMTブームは、エリートたちにとって、ちっとも面白くない。

 

 

 

MMT(現代貨幣理論)を巡る論争は、提唱者の一人ステファニー・ケルトン教授が7月16日に来日したこともあり、ますます盛んになっています。

(参考:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190725/k10012008501000.html

 

MMTの主張を一言で言うと、「自国通貨を発行できる政府はデフォルト(財政破綻)しないので、高インフレでない限り、財政赤字を拡大してよい」というものです。

 

なお、ここではMMTの詳しい説明は省きますが、ご関心の方は、下載の記事をご覧ください。

https://facta.co.jp/article/201908017.html

 

 

 

もっとも、論争が盛んと言っても、政策当局はもちろん、経済学者、アナリスト、ジャーナリストの間では、MMT批判の方が、圧倒的に多い。

つまり、政策に大きな影響を与えられる立場の人たち(いわゆる「エリート」)は、ほぼ全員、MMT批判者というわけです。

 

普通であれば、これでは、MMTが陽の目を見ることは、まずないですね。

 

ところが、どうも、いわゆる「エリート」ではない一般の人々の間では、SNSなどを通じて、MMTに対する理解や支持が広がりつつあるように感じます。

 

これは、アメリカでも起きた現象らしいです。

 

実に面白いですね。

 

いや、エリートたちには、ちっとも面白くない。

 

そこで、彼らは、MMTに「ポピュリズム」というレッテルを貼りました。

MMTなんかを支持する連中は、「財政赤字は心配ない」などといううまい話に乗せられた無知蒙昧な「愚民」だとでも言いたいのでしょう。

 

では、なぜMMTはダメなのかと言うと、エリートたちによれば、「いったん、財政赤字の拡大を許したら、インフレが止まらなくなる」からなのだそうです。

 

というのも、「国民は、歳出削減や増税を嫌がるので、インフレでも、財政支出の拡大を止められない」からなのだそうです。

(参考:https://www.kk-bestsellers.com/articles/-/10463

 

でも、高インフレで自分の生活が大変なのに、なお財政支出の拡大を要求し続ける国民がいるとしたら、これ、相当の「愚民」ですよ。

 

ということは、MMTを批判するエリートたちは、「日本の国民は、愚民である」という大前提を置いているということになります。

 

乱暴に言えば、「なにぃ、インフレがひどくなる前に、財政赤字を削減するだとぉ?そんなこと、お前ら愚民どもに、できるわけないだろーが!」というわけですね。

 

もちろん、日本国民は、そんな「愚民」ではありません。

その証拠に、戦後日本において、財政赤字の拡大を放置したがために、インフレが止まらなくなったことなどないのです。

(参考:https://www.kk-bestsellers.com/articles/-/10462

 

それに、そもそも、インフレが止まらなくなるなどということは、めったに起るものではありません。

 

 

 

説明しましょう。

 

インフレとは、需要(消費と投資)が過剰になり、供給が不足することで発生します。

 

他方、インフレ(物価が継続的に上がること)とは、裏を返せば、おカネの価値が継続的に下がるということです。

 

おカネの価値が下がっていくなら、個人や企業は、おカネを持っておくよりも使った方がよいと考えるので、貯蓄よりも消費や投資に積極的になります。

KEYWORDS:

日本のMMT[現代貨幣理論]ブーム仕掛け人・中野 剛志の簡単解説。

最高の入門書!!

 

『目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】』

Amazonベストセラー【経済学】売れ筋ランキング2位(2019.7.18現在)

 

『全国民が読んだら歴史が変わる奇跡の経済教室【戦略編】』

Amazonベストセラー【経済学】売れ筋ランキング1位(2019.7.18現在)

 

 

 

 

ともに3刷重版決定!!!

 

「こんなに高度な内容をこれ以上わかりやすく書くのはもう無理です。

――中野剛志

 

経済常識が180度変わる衝撃!!

日本経済はどうなるか、どうすべきかがよく分かる

今年度最高の経済書2冊!!!

 

世の中のカラクリをここまでバラした。

 

 

 

 

 

オススメ記事

中野 剛志

なかの たけし

1971年、神奈川県生まれ。評論家。元京都大学大学院工学研究科准教授。専門は政治思想。96年、東京大学教養学部(国際関係論)卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。2000年よりエディンバラ大学大学院に留学し、政治思想を専攻。01年に同大学院にて優等修士号、05年に博士号を取得。論文“Theorising Economic Nationalism”(Nations and Nationalism)でNations and Nationalism Prizeを受賞。主な著書に『日本思想史新論』(ちくま新書、山本七平賞奨励賞受賞)、『TPP亡国論』(集英社新書)、『日本の没落』(幻冬舎新書)、『目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】』『全国民が読んだら歴史が変わる 奇跡の経済教室【戦略編】』(KKベストセラーズ)。  

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

全国民が読んだら歴史が変わる奇跡の経済教室【戦略編】
全国民が読んだら歴史が変わる奇跡の経済教室【戦略編】
  • 剛志, 中野
  • 2019.07.08
目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】
目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】
  • 剛志, 中野
  • 2019.04.22