1980年代にデジタルコミュニケーションの新しい表現として誕生した顔文字。(※欧米と日本での顔文字の誕生については第3回をチェック!)。欧米式の横顔文字 :-( :-) ;-P に日本式の縦顔文字 (^_^) (-_-;) (*‘ω‘ *)、そして近年人気を博した特殊顔文字 ლ(◕‿◕。)ლ ٩(๑`ȏ´๑)۶//  ( ͡° ͜ʖ ͡°) など、わずか30年で顔文字文化は著しい発展を遂げてきました。今回はそのバリエーションを詳しく見ていきましょう。〈連載「絵文字進化論」第4回・前編〉。

■欧米式顔文字の数は1500個前後?

 まず、欧米式の顔文字から。一体どれくらい種類があるのでしょうか。

 

 正確な数字を出すのは簡単ではありませんが、1997年に出版された“Smileys”という顔文字辞典のような本のカバーには、650個以上の顔文字が収録されている、とあります。

写真を拡大
David Sanderson “Smileys” (1997) のカバー

 また1994年から2008年にかけて James Marshallという人物があらゆる顔文字を集めて、ウェブ上でまとめています(☞ http://marshall.freeshell.org/smileys.html)。このJames Marshallの顔文字リストにはトータルで2231個の顔文字が収録されています。しかしその中には日本式の顔文字やその影響を受けた顔文字が混ざっていて、純粋な欧米式顔文字の数は1500個前後といったところでしょう。 

 次にJames Marshallのリストを参考にしながら具体的な顔文字のバリエーションを見てみましょう。まず定番の、感情を表す顔文字から。

:-)    笑顔
:-(    悲しみ
:,-(  :' (  泣き
;-)      ウィンク
:-0        驚き
:-D     口を開けて笑っている
;-P     舌を出してウィンク
8-)        眼鏡をかけてスマイル

 これはわかりやすいでしょう。実際の表情をあらわしていますね。

次のページ *<|:-)の正解は…