その履き心地の良さで数あるスニーカーブランドの中でもトップクラスの人気を誇る「new balance(ニューバランス)」。身近な存在だからこそ「よくよく考えると、これってどういう意味? 何のためにあるの?」などと疑問に思うことも多いのでは。そこで今回、STREET JACKがニューバランスの気になるところを全3回にわたり、細かく掘り下げ!

第1回は、「574」「996」「1300」など、ニューバランス特有の「品番」にまつわる秘密を掘り下げていきます! 
ニューバランスといえば「品番」表記。写真は昨年末に発売された「990」としては初のブーツタイプ。

無骨なスポーツシューズから
技術革新を経てファッショナブルに

 端的に言えば、ニューバランスの品番は、それぞれの発売当時に、500、900、1000と、番台が上がるごとに価格設定も上昇したことに由来している。そこに加えて現在は、500番台はトレイルランニング用、1000番台は舗装されたアスファルト用、というように主に用途で分けられているようだ。ちなみに上記3つの番台がメジャーだが、昨年デビューした「247」のように番台からは独立した形の品番も展開されている。
 1960〜70年代にかけてトラック競技用のランニングシューズメーカーだったニューバランスは、900番台のリリースを機に徐々にファッション性を高めていき、ストリートにも定着。長らく一進一退を続けながらも定番として浸透していたが、2013年頃から若い女性の間で大ブレイク。現在も「574」が再注目されるなど、時代を超えて愛されている。

 それでは、500、900、1000と、メジャーな3つの品番について順番に、その代表作とともに、系譜を辿ってみたい。

 

 

次のページ 574と576は、どこがどう違うの?