今年、悲願のJリーグ初優勝を決めた川崎フロンターレ。優勝決定から少し時間が経過し、改めて中村憲剛選手にお話を伺うことに。優勝の喜びと同時に語られたのは、長年人知れず抱いてきた「胸のつかえ」についてでした――。

直後の興奮とじわじわこみ上げる喜び

 もう、最高ですよ! 優勝を決めてから、しばらく時間が過ぎると、また別の感情を抱きますよね。

 優勝した直後は、周りが本当に喜んでくれているし、取材もたくさんあったので、否が応でもそこで優勝したことを実感したんです。そこからしばらく時間が経ち、家でゆっくりする時間ができると、今まで振り返ることができなかった試合の映像や出演した番組を見て、妻と「優勝したんだなあ」と、しみじみしましたね。

 ただその後、優勝パレードや優勝祝賀会があったことで、また、一気に感情が昂ぶりました。そこで感じたのは、自分たちももちろんですけど、それ以上に周りの反応ですよね。みんながみんな、喜んでくれますし、いろいろともてなしてくれる。自分の内側からもふつふつと喜びは溢れてきますけど、外側からも盛り上げてくれる。優勝した直後の興奮みたいなものは、少しずつ薄れて落ち着いてきていますけど、また、じわじわこみ上げてくる喜びというものを感じています。
 誰かと食事に行っても、みんなから「おめでとう」と声を掛けてもらえる。今まではシーズンを終えて、誰かと食事に行っても「お疲れさま」と、1年を労う場だったのが、今回は毎日が祝勝会みたいになりますからね。取材を受けた記事を見たり、特集してもらった映像を見たり。それを見ながら、優勝したことを日々実感させてもらいました。

 勝った者の特権ではないですけど、このうれしさであり、喜びが次へのパワーになるんだなということを今は感じています。

 
次のページ 優勝したから話せる胸のつかえ