岩田 健太郎の記事一覧

岩田 健太郎いわた けんたろう

1971年、島根県生まれ。神戸大学大学院医学研究科・微生物感染症学講座感染治療学分野教授。神戸大学都市安全研究センター教授。ニューヨークで炭疽菌テロ、北京でSARS流行時、またアフリカではエボラ出血熱の臨床を経験。帰国後は亀田総合病院(千葉県)に勤務。感染症内科部長、同総合診療・感染症科部長を歴任する。著書に『「感染症パニック」を防げ!~リスク・コミュニケーション入門』『予防接種は「効く」のか?』『1秒もムダに生きない』(以上が光文社新書)、『感染症は実在しない』(集英社インターナショナル)、『「患者様」が医療を壊す』(新潮選書)、『主体性は教えられるか』(筑摩選書)、『インフルエンザ なぜ毎年流行するのか』(KKベストセラーズ)など著書多数。

  • 日本マクドナルド創業者の哲学
  • コップの中の百年戦争 ―世の中の不条理やカラクリの根源とは
  • 亀田興毅「大人の社会科見学」
  • 教育現場の働き方改革を追う
  • 普通の生活
  • 期待しないでいいですか?
  • 映画に取り憑かれた元アイドル・シマザキリノのシネフィルカフェ
  • 身体美人化計画
  • 美女ジャケはかく語りき