婚活相手の女性に「性欲の強さ」を求められたら……【石神賢介】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

婚活相手の女性に「性欲の強さ」を求められたら……【石神賢介】

『57歳で婚活したらすごかった』著者・石神賢介のリアル婚活レポート第3回

 自分には手に負えない相手だと思った。こういうところが57歳の悲しさだ。性欲は明らかに衰えている。彼女のお誘いは嬉しかった。しかし、自信がない。朝まではどう考えても無理だ。48歳の男性への失望を聞いたばかりだ。僕の手に負える相手とは思えない。据え膳を食うには疲れすぎていた。

 明らかなチャンスが訪れているのに、腰が引けるとは――。情けない。

 

■雑誌に出たい女性

 

 もう一人、連絡先を交換した電気機器メーカーの秘書室で働く女性とも食事をした。

 表参道駅近くのイタリアンレストランで会ったのは37歳のエミさんだ。参加した恵比寿のパーティーでは一番若かった。ロングヘア。ややぽっちゃりしているが、顔立ちがはっきりしている。彼女にはきっとモテまくった時期があったはずだ。

 エミさんとの食事の席で、僕はうかつだった。

 この時期、知り合いの男性グラビア雑誌編集者に相談を受けていた。「20代美人秘書特集」という企画をやりたいので、知り合いに該当者がいたら紹介してほしい、というリクエストだった。そこで、目の前で食事をしているエミさんに聞いたのだ。

「秘書室に、20代で美形の社員で、雑誌に出てもいい人はいませんか?」

 経験上、今は雑誌に出たくない人のほうが多数派だ。媒体は人探しに苦労している。

「なぜですか?」

 顔を上げたエミさんに理由を話した。

20人くらいの女性を撮影したいけど、なかなかそろわないらしいんですよ」

 実情も説明した。すると、思いもよらぬリアクションが返ってきた。

「私ではいけませんか?」

20代〟〝美形〟という条件は伝えている。〝美形〟は、多分に主観が入るが、それでもグラビア誌で、コストをかけ、プロのフォトグラファーが撮影するので、かなり多くの人が納得するレベルでなくてはならない。

「いや、すみません、20代という条件があるので」

 彼女は37歳だ。

「実年齢を言わなければいいじゃないですか」

「読者にうそをつくのはよくないので」

 彼女が雑誌に出たいとは、思いもよらなかった。

「私、20代に見えませんか?」

 自信があるらしい。20代には見えないけれど「見えない」とは言えない。

「該当する女性が、秘書室にいらっしゃらなければいいです。ちょっと聞いてみただけなので、忘れてください」

 汗が出てきた。

「私を推薦してもらえませんか」

「いや、そういうわけには……」

 それからは気まずく食事を続けた。もちろん、仲よくはなれなかった。

 パーティーで連絡先を交換して浮かれたのも束の間、その先にはいろいろな難関が待っている。

 好きな誰かとともに生きていきたい――。婚活を再開したときからの気持ちはまったく変わってはいない。ところが、たった一人の女性と出会うのがこんなに難しいとは。あらためて思い知った。

 人生の折り返し地点は過ぎた。こんなことを言うとバカみたいだと思われるかもしれないが、ここからの年月を目一杯楽しく過ごしたい。いよいよこの世を去るときに、楽しかったなあー、と思ってまぶたを閉じたい。一緒に暮らしてくれた女性に「ありがとう」と言って、ピリオドを打ちたい。

 

(第3回へ つづく)

 

※石神賢介著57歳で婚活したらすごかった』(新潮新書)から本文一部抜粋して構成

 

KEYWORDS:

※カバー画像をクリックするとAmazonサイトにジャンプします

オススメ記事

石神賢介

いしがみ けんすけ

ライター

1962(昭和37)年生まれ。大学卒業後、雑誌・書籍の編集者を経てライター。幅広いジャンルを手がける。著書に40代のときの婚活体験をまとめた『婚活したらすごかった』(新潮新書)、最新刊に『57歳で婚活したらすごかった』(新潮新書)が話題に。

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

57歳で婚活したらすごかった (新潮新書)
57歳で婚活したらすごかった (新潮新書)
  • 石神 賢介
  • 2021.05.17
婚活したらすごかった (新潮新書)
婚活したらすごかった (新潮新書)
  • 石神 賢介
  • 2011.08.01
馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください
馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください
  • 藤森 かよこ
  • 2019.11.27