■時は流れて。今度はドラマに二人でハマった。

 当連載のタイトルに『父の詫び状』をもじって『母への詫び状』と付けたのは、以上のような理由による。

 あれから30数年。母の介護をするようになり、再び向田作品のお世話になった。今度は本じゃなくて、ドラマで。

『寺内貫太郎一家』を気に入ってくれたので、『阿修羅のごとく』も『だいこんの花』も、TBSの新春ドラマ傑作選シリーズ(これは脚本ではなく、原作・向田邦子)も、レンタルDVDやNHKオンデマンドを駆使しながら、片っ端から母と一緒に見た。

『寺内貫太郎一家』についてひとこと付け加えれば、あの作品は決してほのぼのした昭和のホームドラマなどではなく、障碍者の長女が出てきて差別の問題も描かれていたし、「きったねえな、ばあちゃん」で年寄りの汚さを堂々とセリフにしていた点でも、毒が効いていた。あの毒と笑いの同居が向田ドラマの本領だ。

 たとえ介護ベッドの上でしか生活できなくても、楽しいことはいくつもある。母と二人で昔のテレビドラマを見まくったのは、今となれば、ぜいたくな、かけがえのない時間だった。

※本連載は隔週木曜日「夕暮時」に更新します。本連載に関するご意見・ご要望は「besttimes■bestsellers.co.jp」までお送りください(■を@に変えてください)。連載第1~10回はnoteで公開中!