【なぜ全文掲載すると、本の売上が伸びるのか?】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

なぜ全文掲載すると、本の売上が伸びるのか?

本当にいい本は手元に置きたくなる『拝啓、本が売れません』特別編②

■「試し読み」に未来はあるか?

 加藤さんが編集を担当した平野啓一郎さんの『マチネの終わりに』(毎日新聞出版)。2015年3月から2016年1月まで毎日新聞朝刊とnoteで連載されたのち、単行本として発売された。

 加藤さんは、連載当時をこう振り返る。

「新聞での連載とnoteでの連載は、まず読んでいる層が全然違います。そもそも新聞と違って、毎朝配達されて、必ず読者の目に入るようなものではありません。なので、ネットで連載するにあたって、まず読者に読むことを習慣づけてもらう必要がありました。特定の曜日や時間帯に、『あ、そろそろ更新されてるから読まなきゃ』って読者にアクションを起こさせる必要があったんです」

「月曜日だからジャンプ買いに行こう的なやつですね」

「そんな感じです。『マチネの終わりに』のときは、新聞小説ということもあって、短い文章を毎日、noteで連載していきました。すると、読んだ読者が『ここの台詞が好き』とか『今日の更新分面白かった』『早く続きが読みたい!』って反応をしてくれたんです。そういった感想をSNSに画像とURL付きで投稿してくれたら、それがまた宣伝になって人がやってくる。口コミで読者が増えていく様子は凄くライブ感があって、それが本の売り上げにも繋がっていきました」

「最近は発売前にネットに全文掲載、なんてことも増えてきてますからね。試し読みなんて当たり前のようにネットに掲載されますし」

 私の言葉に、加藤さんは「うーん、そうですねえ……」と何故かしかめっ面で首を傾げた。

「僕は、試し読みは、あまり意味がないと思っているんです」

「……なにゆえですか」

 自分の公式サイトで『拝啓~』の試し読みを掲載していただけに、私は身を乗り出して加藤さんに聞いた。

「試し読みっていうのは、一部分を限定的に、しかも時期を区切って掲載しますよね。これって、あくまでも出版社側の都合で、読者目線ではないですよね。読者からしてみれば全文を読みたいと思うのが当然です。出版社が一部分だけを掲載するのは、全て載せたら本が売れなくなると考えてるからなのですが、『本当にいい本』であれば、全文掲載するとむしろ売り上げは上がります。cakesやnoteでそういう実績はたくさんあります」

次のページ「本当にいい本」とは

KEYWORDS:

オススメ記事

額賀 澪

ぬかが みお

1990年生まれ。茨城県行方市出身。日本大学芸術学部文芸学科卒。

2015年に『屋上のウインドノーツ』(「ウインドノーツ」を改題)で第22回松本清張賞を、『ヒトリコ』で第16回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。2016年、『タスキメシ』が第62回青少年読書感想文全国コンクール高等学校部門課題図書に。その他の既刊に『さよならクリームソーダ』『君はレフティ』『潮風エスケープ』『ウズタマ』『完パケ!』『拝啓、本が売れません』がある。最新作『風に恋う』好評発売中。



額賀澪公式サイト(http://nukaga-mio.work


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

風に恋う
風に恋う
  • 澪, 額賀
  • 2018.07.13
拝啓、本が売れません
拝啓、本が売れません
  • 額賀 澪
  • 2018.03.20