■ATSUSHIさんとはまた違ったキーマンに

――今作で提示できたEXILE SHOKICHIらしさとはどんな部分だと思いますか?

EXILE SHOKICHI「フレッシュで新たな自分を表現できたと思っています。こんなこともやるんだというサプライズ感も演出できたと思いますし、満足なリスタートをきれました。これからも音楽に対する純粋なLOVEを追い求めていきたいです。そして、ジャンルレスな表現を続けることによって、それがいつかEXILE SHOKICHIらしさにつながればと思っています」

――2018年はEXILEの再始動の年でもありますが、今後どのような活動をイメージしていますか?

EXILE SHOKICHI「またEXILE孝行していきたいです。自分の表現の方向性がしっかり見えてきたという実感が持てているので、EXILE ATSUSHIさんとはまた違ったEXILEのキーマンになれたらと思っています」