【満洲事変に国際法違反も、コミンテルンの陰謀も成立しない!】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

満洲事変に国際法違反も、コミンテルンの陰謀も成立しない!

シリーズ③満洲事変を正しく知って賢くなろう

日本の軍部独走・侵略史観に基づく悪玉扱い、逆の「日本は悪くなかった、悪いのは周りの大国だ」という日本小国史観、海外大国による外圧・陰謀史観。これらの歴史観はすべて間違いだ。『学校では教えられない 歴史講義 満洲事変 ~世界と日本の歴史を変えた二日間 』を上梓した倉山満氏が満洲事変の真実に迫る!

■満州事変の時の日本は国際法を守ることが武器だった

 いままで通説とされてきた日本の軍部独走・侵略史観に基づく悪玉扱い、逆にその反動としての「日本は悪くなかった、悪いのは周りの大国だ」という日本小国史観、海外大国による外圧・陰謀史観は、満洲事変においては、すべて間違いです。

 なぜ日本は国際法を遵守するのか、といえば、国際法を守りに守って使いこなすことが明治維新以来の日本の最大の武器だったからです。

 満洲事変の時の大日本帝国は、国際法的に正しいことしかしていません。「なのに、なぜ国際世論を説得できなかったのか。なんて馬鹿なんだ」というのが満洲事変の出発点であり、考えてほしい視点です。

 コミンテルンとは、共産主義インターナショナル(Communist International)の略称です。一九一九(大正八)年にモスクワに創設されました。ソ連(ソビエト連邦)を核とした、各国共産主義政党の国際統一組織で、一九四三(昭和十八)年に解散しています。

 共産主義とは「世界中の政府を暴力で転覆して、金持ちを皆殺しにすれば、全人類が幸せになれる」という思想で、それ以上の中身はありません。コミンテルンは世界中の政府を暴力で転覆するための組織であり、ソ連の初代独裁者レーニンの親衛隊でした。二代目独裁者のスターリンが初代の親衛隊に信頼を置くはずはなく、スターリンは、内務省系のGPU、軍情報部、そしてコミンテルンを互いに牽制させながら使っていきました。

 後の時代は知りませんが、満洲事変でコミンテルンが何か陰謀をしていようが、ソ連は勢力圏を失った「不戦敗」です。

 コミンテルンの陰謀が無い訳はないのですが、コミンテルンが陰謀により世界のすべてを操ることもありえないのです。

 満洲は、海外からはどう見られていたのでしょうか。ひとことで言えば、無関心です。

 一九〇四年、露仏同盟と日英同盟の戦いが日露一騎打ちの日露戦争になり、英米が日本を応援してくれたという格好ですから、もちろん、日本の勝ちすぎを牽制するし、「満洲をひとりじめするなよ」みたいなことを英米は言ってきます。

 しかし、日露戦争の結果、国際情勢がどうなったかというと、ヨーロッパではバルカン半島が主正面、つまり政治軍事の最重要争点となります。露仏同盟とイギリスが結びつき、ドイツおよびオーストリアとバルカン半島を中心に角逐【かくちく】する形勢になりました。

次のページ「日本はアジアで誰も手出しができない無敵の帝国」

KEYWORDS:

オススメ記事

倉山 満

くらやま みつる

憲政史研究家

1973年、香川県生まれ。憲政史研究家。

1996年、中央大学文学部史学科国史学専攻卒業後、同大学院博士前期課程を修了。

在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤研究員を務め、2015年まで日本国憲法を教える。2012年、希望日本研究所所長を務める。

著書に、『誰が殺した? 日本国憲法!』(講談社)『検証 財務省の近現代史 政治との闘い150年を読む』(光文社)『日本人だけが知らない「本当の世界史」』(PHP研究所)『嘘だらけの日米近現代史』などをはじめとする「?だらけシリーズ」『保守の心得』『帝国憲法の真実』(いずれも扶桑社)『反日プロパガンダの近現代史』(アスペクト)『常識から疑え! 山川日本史〈近現代史編〉』(上・下いずれもヒカルランド)『逆にしたらよくわかる教育勅語 -ほんとうは危険思想なんかじゃなかった』(ハート出版)『お役所仕事の大東亜戦争』(三才ブックス)『倉山満が読み解く 太平記の時代―最強の日本人論・逞しい室町の人々』(青林堂)『大間違いの太平洋戦争』『真・戦争論 世界大戦と危険な半島』(いずれも小社刊)など多数。

現在、ブログ「倉山満の砦」やコンテンツ配信サービス「倉山塾」(https://kurayama.cd-pf.net/)や「チャンネルくらら」(https://www.youtube.com/channel/UCDrXxofz1CIOo9vqwHqfIyg)などで積極的に言論活動を行っている。



 


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

学校では教えられない歴史講義 満州事変 (ワニの本)
学校では教えられない歴史講義 満州事変 (ワニの本)
  • 倉山満
  • 2018.04.19
日本は誰と戦ったのか
日本は誰と戦ったのか
  • 江崎 道朗
  • 2017.11.25
大間違いの織田信長
大間違いの織田信長
  • 倉山 満
  • 2017.08.19