三つの温もりに心底浸ってリフレッシュ

上牧温泉辰巳館。1924年創業。名前の由来は「辰巳」=「南東」に向かって玄関を構えているため。6種類のお風呂が楽しめる。

 宿には、山下清のエピソードがいくつか残っている。
 たとえばサイダーが好きだったが、栓を抜く「ポン」という音が怖くて、サイダーを開ける時は、部屋の隅っこで耳を抑えていた、など、山下らしく、胸がキュンとしてくる。
 また、山下がスケッチに出かける際、宿で味噌をつけた焼きおにぎりを用意して、持たせたそうだ。今、その焼きおにぎりは、宿の名物料理「いろり献残焼(けんさんやき)」の締めに、食すことができる。
 この宿には「辰巳館三温」という三つの温もりがある。一つは温泉の温もり、もう一つは炭火の温もり、そして、最後は人の温もりだという。晩年は視力の低下に悩まされたという山下だが、三つの温もりに包まれて、創造力をみなぎらせたのだろうか。

雑誌『一個人』2018年4月号より構成〉