【織田信成、選手時代のベストプログラムとは】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

織田信成、選手時代のベストプログラムとは

織田信成さん2月毎日更新 Q23.競技選手時代で、最高のプログラムは何ですか?

現在、プロフィギュアスケーターとしてアイスショーなどで活躍している織田信成さん。競技選手時代のプログラムで、最も印象に残っているのは。

「いつか滑りたい」と思い続けてきたプログラムだった

――これまでのベストプログラムを教えてください。

 う〜ん、2005年の世界ジュニア選手権で優勝した時の「スーパーマリオブラザーズ」も良かったし、現役最後のフリーで滑った「ウィリアム・テル序曲」も良かったし・・・選ぶのは難しいですね。でもやっぱり、1位に挙げるなら「チャップリンメドレー」ですね。
 バンクーバーオリンピックが開催された09-10シーズンしか演じてないのですが、皆さんの記憶には「織田信成=チャップリンメドレー」という印象が強く残っているようでして、僕にとってもそれはとてもうれしいことです。

――なぜこの曲を選ばれたのですか?

 この曲との出会いは、2001年に東京で開催されたグランプリファイナルでした。ロシアのペア、エレーナ・ベレズナヤさんとアントン・シハルリドゼさんが演じる「チャップリン」に感動して、その時初めて、フィギュアを観て涙を流しました。それから、「いつか僕もチャップリンで滑りたい」と思い続けていたんです。

 

――プログラムに使用する曲は、どのような基準で選んでいるのでしょうか。

 フィギュアスケートにおいて、曲選びはとても重要です。特にオリンピックシーズンでは、とてもデリケートになってきます。その意味では「チャップリンメドレー」は、斬新と言えたかもしれません。でも、世界中の人たちが関心を寄せるオリンピックシーズンだからこそ、世界中の人が知る曲にしようと決めました。
 実はプログラムで使う曲は、専門の音楽家の方が編集しています。プログラムのイメージに合わせて、絶妙な編曲をしてくれます。僕たちが気持ちよく滑れるのには、そういった方々の尽力もあるんです。

〈明日の質問は……Q24 .「競技選手としての引退を決意したのはいつですか?」です。〉

KEYWORDS:

 \大好評発売中! 現在4刷/

織田信成・著フィギュアほど泣けるスポーツはない!

 2018年、平昌オリンピックの年に氷上のお殿様こと織田信成が、自身の、波乱万丈のスケーター時代など体験を交えながら、フィギュアスケートの魅力を皆さんにお伝えします。また、指導者であり解説者である厳しい視点は保ちつつ、初心者にこそわかりやすい、平昌オリンピックの見どころなどを解説。逆境でこそその強さと美を発揮してきた羽生結弦選手への思い、戦友・浅田真央さんへのメッセージ、松岡修造さんとの熱血対談も必読!

オススメ記事

織田 信成

おだ のぶなり

1987年生まれ。大阪府出身。高校3年時に世界ジュニア選手権で優勝を果たし、注目を集める。シニアデビューを果たした翌シーズン、トリノオリンピックの代表候補となるが、惜しくも選外に。2010年バンクーバーで初の五輪出場を果たす。2014年ソチ五輪出場をかけた全日本選手権で総合4位に終わり、五輪出場を逃すと同時に引退を表明。現在は関西大学アイススケート部監督を務めながら、解説者、プロフィギュアスケーター、タレントなどとして多彩に活躍中。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

フィギュアほど泣けるスポーツはない!
フィギュアほど泣けるスポーツはない!
  • 織田 信成
  • 2018.01.25