嫌なことを続けるのに意味はある? フィギュアスケートが嫌いだった織田信成の答え | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

嫌なことを続けるのに意味はある? フィギュアスケートが嫌いだった織田信成の答え

織田信成さん2月毎日更新 Q3.子どもには、嫌なことでもやらせるべき?

子どもの頃、一度フィギュアスケートを嫌いになった織田信成さん。自身の経験から学んだ、嫌なこととの向き合い方。

やり続けることは、人生の糧になる

――前回の質問で、はじめはフィギュアスケートが嫌いだったとお聞きしたのですが、当時の将来の夢は何だったんですか?

 小さな頃からフィギュアスケートの練習漬けという特殊な環境で育ったので、将来の夢はサラリーマンになることでした。「普通」の人生に対して、心から憧れていたんです。周りの子たちのように部活をして、恋愛もして、勉強もして……良くも悪くもない会社に就職して、という。やっぱり反動ってあるんですよね。

 ただ、前にお話しした通り骨折でスケートから離れたことで逆にフィギュアスケートが大好きになりました。そしてその何年後にはオリンピックに出させていただき、今もスケートを仕事とすることができています。

 
次のページやり続けることは必ず人生の役に立つ

KEYWORDS:

 \大好評発売中! 現在4刷/

織田信成・著フィギュアほど泣けるスポーツはない!

 2018年、平昌オリンピックの年に氷上のお殿様こと織田信成が、自身の、波乱万丈のスケーター時代など体験を交えながら、フィギュアスケートの魅力を皆さんにお伝えします。また、指導者であり解説者である厳しい視点は保ちつつ、初心者にこそわかりやすい、平昌オリンピックの見どころなどを解説。逆境でこそその強さと美を発揮してきた羽生結弦選手への思い、戦友・浅田真央さんへのメッセージ、松岡修造さんとの熱血対談も必読!

オススメ記事

織田 信成

おだ のぶなり

1987年生まれ。大阪府出身。高校3年時に世界ジュニア選手権で優勝を果たし、注目を集める。シニアデビューを果たした翌シーズン、トリノオリンピックの代表候補となるが、惜しくも選外に。2010年バンクーバーで初の五輪出場を果たす。2014年ソチ五輪出場をかけた全日本選手権で総合4位に終わり、五輪出場を逃すと同時に引退を表明。現在は関西大学アイススケート部監督を務めながら、解説者、プロフィギュアスケーター、タレントなどとして多彩に活躍中。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

フィギュアほど泣けるスポーツはない!
フィギュアほど泣けるスポーツはない!
  • 織田 信成
  • 2018.01.25