――このタイミングで、満を持して本を出されたのはなぜですか?

 もうすぐはじまる平昌オリンピックは、おそらくここ数年のうちで最も多くの人がフィギュアスケートに注目してくださる絶好の機会になると思うんです。もしかしたら普段フィギュアスケートや織田信成にまったく興味がない方達にも、本を手に取って面白がってもらえるんじゃないかな、フィギュアスケートを好きになるきっかけになるかもしれないなと思い、それならばと改めて自分と向き合うことにしました。まぁ、言い方を変えるとオリンピックに便乗した次第なんですが(笑)。

――実際に本を作ってみていかがでしたか?

 今まで自分自身について考えたことがあまりなかったので、良い機会になりました。こうした活動が、少しでもフィギュアスケートへの恩返しになればいいなと思っています。あとは、本が売れてくれれば嬉しいんですが・・・(笑)

〈明日の質問は…… Q2.「子どもの頃は、フィギュアスケートが好きじゃなかったそうですが?」です。〉