日本円と同様に使える仮想通貨「Jコイン」

 ほぼ同時期に、みずほフィナンシャルグループとゆうちょ銀行や地銀約70行が、新たな仮想通貨として仮称「Jコイン」を計画していることが発表されました。

 この仮想通貨は、事前に銀行口座にある円をJコインに替えることで、スマートフォンを利用し、店舗で支払いをしたり、個人間で送金が可能となります。

 性質としては、三菱東京UFJ銀行が以前に発表したMUFGコインとも似たものとも言えます。

 ただし、仮想通貨とアナウンスされていますが、どちらかというと従来型のプリペイド電子マネーに近いものであり、特定の企業間で閉じたブロックチェーン(プライベートチェーン)を活用するものと考えられます。

 企業がブロックチェーンを導入する場合においては、ビットコインやイーサリアムを代表とするオープンなネットワークであるパブリックチェーンの導入なのか、前述したような特定の企業間でのプライベートチェーンの導入なのかに注意する必要があります。

 よく対比されるこの2つのブロックチェーンのタイプですが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

 特に金融機関においてはプライベートチェーンの導入による、社内システムコストの削減が期待されています。

次のページ 日本円と同様に使える仮想通貨「Jコイン」