「ほぼ過不足なく安定している」

 つまり、「日本政府は資産と借金がバランスしていて、赤字ではない」ということです。「政府もNHKも経済専門家も平気でウソをつく」というのがこれでわかりました。ただ、注意事項もあります。この「数字」は、有名な経済学者・高橋洋一さんの計算によるものですが、日本政府のお金の状態を最も正しく示したものと言えるでしょう。でも、政府や今まで「政府は借金だらけ」と言っていた人たちは高橋さんのこの計算を批判しています。

 企業のお金の状態は、法律で細かく決まっています。そして、その計算方法、発表までの手続きについては誰も異論がないようです。株式を公開して社会からお金を集めているような会社は、「お金のことはしっかりやらないとまがいになる」ということできわめて厳密なのです。

 ここ数年のうちにつぶれるかもしれないと言われる名門企業の東芝の場合でも、会社の財務状態を示す書式が決まっているのはもちろんです。また、社外に公表するには、社内監査役、社外監査役、それに会計監査会社の同意が必要で、この原稿を書いている段階では東芝は、監査会社の同意が得られず、宙に浮いた状態です。

 一般の私企業でもそんなに厳しいのに、国民から税金というかたちでお金を取っている政府の会計方式が「決まっていない」というのは驚くべき状態のわけです。だから、高橋さんの計算が正しいかどうかが専門家の間で揉めているのです。でも、私たちはそんな揉め事の内容には入らないようにします。というのは、専門家の間でも意見が違い、しかも政府のお金の状態を把握する学問もないという異常な状態のなかに素人が入り込んでもろくなことにはならないからです。

 私たち国民は単純に、「日本の政府や自治体のお金は、ほぼ過不足なく安定している」ということを知るだけで十分だと思います。