【海外旅行のお土産にワインを買うときの心得】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

海外旅行のお土産にワインを買うときの心得

人生を変えるワイン学 第24回

◆海外でワインを買うときの注意点

①梱包はしっかりすること
 スーツケースに入れたら割れてしましそうで、そのまま持っておきたいですよね。でも、残念ながら機内への持ち込みはできません。
 せっかく買ったのに・・どうしようと不安になる方も。
 スーツケースは見ていないところで結構雑に扱われています。投げられますし笑
 ですから、梱包はしっかりしておきましょう。
 プチプチなどでしっかり巻いて、さらにバスタオルでグルグル巻きにするか服などをクッションにするといいですね
 中で割れてしまうと白ワインはまだいいですが赤ワインだとすべて赤色に染まってしまいます。割れてしまったときのことを考えて、梱包したあとにビニールの袋に入れておくと安全です

②本数を考える
 日本に持ち込める免税範囲は、ワインは3本までと決まっています。
 1本あたりの最大は760mlで、通常のフルボトルが750mlですので3本までとなります。それ以上になると税金がかかってきますので注意しましょう。

◆食後酒もオススメ!

 お土産に普通のワインもいいですが、食後酒に使えるデザートワインや酒精強化ワイン、ブランデーは抜栓してから通常のワインより日持ちしますしちょっとずつ、ゆっくり楽しめるのでオススメです。

☆デザートワイン
 アイスワイン、貴腐ワインなど
☆酒精強化ワイン
 シェリー、ポート、マデイラ
☆ブランデー
 グラッパ、マールなど

KEYWORDS:

オススメ記事

竹内 香奈子

たけうち かなこ

ソムリエ/ワインショップ「mista」店長。所属事務所パールダッシュ。

 

短大卒業後、ワインを独学で学び、2010年に日本ソムリエ協会「ソムリエ」の資格を取得。現在、大阪心斎橋のワインショップ「mista」の店長を務めながら、自身の経験や知識を元にワインを中心としたライフスタイルの提案を行っている。

 

◇オフィシャルブログ「竹内香奈子のお家飲みワインのススメ

 

◇「mistaワインセレクトショップ

 

◇ワイン酒屋mista 大阪府大阪市中央区東心斎橋2-5-27 ☎06-6211-3923 営業時間:16時~22時 休日:土、日、祝日

 

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

おうち飲みワインレッスン
おうち飲みワインレッスン
  • 竹内 香奈子
  • 2014.03.21